« ウルトラマンメビウス第2話「俺達の翼」・第3話「ひとつきりの命」 | トップページ | 走れオレ »

2006/04/25

この街の人々

 引っ越した理由は色々個人的なものがあるが、引っ越し先をこの街を選んだ理由はハッキリしている。町並みを気に入った点と、何よりそこに住む人々のキャラクターである。

 まぁ、このあたり、要するに東京でも下町の部類に入る。したがって「よそ者」には厳しい目を向けるが、内向きにの目は優しい。それだけにご近所づきあいは難しいが、同じマンションに住んでいながらろくすっぽ挨拶もしない引越前の環境よりははるかにマシである。

 古い家屋が多い。密集している。建坪率の関係から「上」に改築できず、したがって道幅も狭くなる。当然、1戸ずつの日当たりは悪くならざるをえないが、それはとりもなおさずご近所の密接さを呼ぶわけだ。

 加えて人々のキャラクター。ご老体が元気ということに端を発しているのだろうが、若い人々の態度がまるで違う。いや、そりゃ見た目でいえば、茶髪のクソガキもいるし、パンツ見えそうなミニスカのおねいちゃんもいる。夜中にコンビニでタムロする莫迦どももいる。けどね、そういう子たちが道端のゴミをごく自然に拾ったり、人にぶつかったら即座に謝ったりするのだ。そこを感心するのも情けない話ではあるが、今はそれで十分だ。精神衛生的にも非常によろしい。ちょっと調べてみたら、東京23区内でも犯罪発生率が低い区に属するのだそうな。

 そうはいってもまだ駅と自宅の往復くらいしかしていないが、そのうち綿密に「探検」してやるつもりである。

|

« ウルトラマンメビウス第2話「俺達の翼」・第3話「ひとつきりの命」 | トップページ | 走れオレ »

コメント

いいねぇ。そういう町は。(^^)うちの近所もお年寄りが多くて、引越しの挨拶に行ったとき町内会のおじいちゃんが、同じ町内のお宅全て連れてってくれたよー。(^o^)

玄関も鍵がかかってなくて、ガラッと開けて
「おう、おれだよ。」ってな感じ。 昔懐かしいよね。
うちは、、鍵かけるのでたまに訪問販売の人がピンポーン、ガチャッってやって、開かないのでアンディに吠えられてる。(爆)

息子の帰宅時間には鍵を開けてあるんだけど、たまにその時間帯に訪問販売の人がくるとピンポーン、ガチャと玄関開けちゃうんだ。で、防衛隊長のアンディが飛び出してます。(爆)

投稿: やっぴゃん | 2006/04/26 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/9752583

この記事へのトラックバック一覧です: この街の人々:

« ウルトラマンメビウス第2話「俺達の翼」・第3話「ひとつきりの命」 | トップページ | 走れオレ »