« 小さき勇者たち ガメラ(続き) | トップページ | ウルトラマンメビウス 第4話「傷だらけの絆」 »

2006/05/03

冒険と正義と

 ボウケンジャーなんだが。3連続話が終わった。普通こういう戦隊ものって1話完結が基本で、あってもたまに前後編というパターンがほとんど。だから3話連続の話っていうのは意欲的で、話としてきちんとまとめていた点は評価してよい。毎週やってる話のなかで、見てる側は前の話なんておぼえちゃいないが、そこを真っ正面からナレーションなどで説明することはせず、話の流れできちんと説き、しかも収めてみせたのは、スゴいと思うのだ。

 でもねぇ…。なんちゅうか、まだまだ動機づけに感情移入できない。モチベーションが冒険って云われてもなあ。最初から「仕事」だったデカレンは云うに及ばず、マジレンですらこの頃には魔法→勇気→正義というモチーフがハッキリしていた。その点、この作品は未だに「冒険」と「正義」がつながってこない。
 最後には何とかしてくれるのかなあ。今の子どもはどう思って見てるのだろう。恐らくオレが今子どもでもあまり感心しなかったと思う。

 ところで、ボウケンジャーとメビウスに関する限り、今のところ点数をつけていないのは放映中だから。終わってみないと1作品として評価できないからだ。

 さて、どうなるかね。

|

« 小さき勇者たち ガメラ(続き) | トップページ | ウルトラマンメビウス 第4話「傷だらけの絆」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冒険と正義と:

« 小さき勇者たち ガメラ(続き) | トップページ | ウルトラマンメビウス 第4話「傷だらけの絆」 »