« THE有頂天ホテル | トップページ | CARS »

2006/08/19

轟轟戦隊ボウケンジャーTHE MOVIE~最強のプレシャス~

49

 有楽町TOEIにて鑑賞。う~~~~~~~~~~~~~~~ん。まぁシリーズがシリーズだから仕方ないのかぁ。決して悪い出来ではないのに、どぉも悪いとこばかりが目についてしまう。

 冒頭、プールでのオフシーンから始まるもんだから、こっちはサービスカットを期待するんだが、何故パーカーを羽織るか末永遥!(それは違う)
 通例、この手の作品ではTVシリーズでかけられない予算をかけるため、例えばちょっと遠くへロケへ行ったりミニチュアの数が増えたりするもんだが、今回はそれがなく、代わり(かどうかしらんが)に爆炎が大きかった点は好感をもてた。したがってオープニング(ここでスタッフロールを終わらせてしまうという古典的な手法)のアクションシーンは良い出来。だが、そこまでだった。
 レギュラーの敵役はオープニングのみで、あとはゲストとの絡みなのだが、この扱いがなっていない。まず星井七瀬。結局なにもしないも同然。いくらでも絡ませ方はありえたろうに。ちょうど去年の響鬼における安倍麻美みたいなポジション。それから倉田保昭。香港映画における悪役日本人として有名なこの人にアクションをやらせないとはこれいかに? 明らかに使い方を間違っている好例である。
 話のうえでもいくつも矛盾点が目につく。例えば最後のほうでレッドに「お前は地上の消火を頼む」と云われた「オレさま」シルバー、「分かった」はないだろう。確かに乗ってる機械の一部が消防車なのは分かるが、キャラ違うじゃん。尺がなかったってのは理由にならないぞ。どうなってんだ脚本は。
 ついでに云うとエンディングのダンスがない。あれ唯一の楽しみだったのに。

 それもこれもシリーズの動機が不十分なせいだろうなあ。やっぱ「冒険」に「正義」はないよ。脚本はシリーズのメイン會川昇(やっぱなあ)。監督は諸田敏。この人はガオレンとアバレンの監督。なるほどね。ハリケンでもデカレンでもマジレンでもないわけだ。納得。
 例のプール事件に配慮してオープニング前にテロップが出るが、さほど連想させるようなシーンでもなかったし、あんなふうに「とってつける」くらいならなくてもいいような気がしたが。

 予定通り同時上映作品は観ないまま退場。

|

« THE有頂天ホテル | トップページ | CARS »

コメント

 謎のMOさん、初めまして。いったい誰だろう? 分からないなあ。

 本当はレスつけるつもりなかったんですが、1つだけ。

>>しかし、プールでパーカーがどうか、などとケチなことをいってはいけません。その後あったじゃないですか、海から這い上がってきた後、びしょぬれでヘタレテいたサクラ…おっと…さくら姐さんの色っぽい太股姿が!

 気づいてましたよ。その直後の白い三角地帯も。でもほら、あくまで子ども向け作品ですから、「分別のある立派なオトナ」としては、そんなとこ指摘できないじゃないですか。


 ……何故パーカーを羽織るか末永遥~~~~~~~~~~~~っ!

投稿: Smith | 2006/08/26 22:31

雑書庫では初めまして。
こちらでは仮の名前を『MO』とさせて頂きます(笑)。
さて、私も本作品を甥っ子を連れて一緒に見てきました。
感想としては、「同時上映があまりにも酷い映画だったので楽しめたなあ」という感じでした。ふつうに面白かった、という感じでしょうか。
『冒険』という動機付けが彼ら(というかサージェス財団?)のいう正義とうまくリンクしない、というのは同感ですね。以前テレビ編でもありましたが、松金よね子が出てきた回で、人形をどっちに預けようか?という話があったと思うのですが、うさんくささでいえばサージェス財団(財団…という響鬼が…おっと響きが怪しく感じます♪)も似たり寄ったりかなあ。
まあ、オープニングは見ていて安心できる作りで、テレビの延長なところが良かったと思います。MO的に物足りなかったのは、いつもだったらやってくれる

熱き冒険者 ボウケンレッド”どか~~~~~ん”

こいつがなかったことですね。やっぱり映画なんだから見栄切った後に、そいつのカラーの爆煙でどか~~~~~んといって欲しかったです。

しかし、プールでパーカーがどうか、などとケチなことをいってはいけません。その後あったじゃないですか、海から這い上がってきた後、びしょぬれでヘタレテいたサクラ…おっと…さくら姐さんの色っぽい太股姿が!

しかし、『スウィングガールズ』で、パチカメ片手にいろんな記念写真を撮っていた彼女が、スクリーンいっぱいにビキニ姿を披露するときが来ようとは思いませんでした。MOは嬉しいぞ!

きっと、ボウケンシルバーは結構作った後で参加したのではないでしょうか?他の5名と絡んでいるシーンが少なかったので(か高丘姿じゃなくてシルバー姿でのからみ)、最後も別に戦うようにし向けないと話が成り立たなかったのでは…?
姶良鉄観もヒカル先生もきっとそうだったんだろうなあ。

同時上映の方は…きっとどうでもいい、っていわれるでしょうがひと言だけ書かせてください…

『平成仮面ライダー映画シリーズ最凶のダメダメ映画』

『DEVILMAN』を観る覚悟で…観て欲しいなあ。この話の貴兄の観賞譚を是非拝見したいものです。お金を払ってみると怒り心頭に発すること請け合いなのでそれはやめた方が…。

投稿: MO | 2006/08/21 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 轟轟戦隊ボウケンジャーTHE MOVIE~最強のプレシャス~:

« THE有頂天ホテル | トップページ | CARS »