« ターミナル | トップページ | THE有頂天ホテル »

2006/08/17

ラッシュアワー

50

 DVDにて鑑賞。ジャッキー・チェン主演……かと思いきや、キャスティングはクリス・タッカーのが前なのね。まぁダブル主演か。監督がブレット・ラトナーなんでクリス・タッカーを前にもってきたのか(ブレット・ラトナーは監督デビュー作である『ランナウェイ』の主演にクリス・タッカーを起用している。で、その『ランナウェイ』を観てジャッキー・チェンが出演を快諾したのだとか)。クリス・タッカーって知らなかったんだけど、「フィフス・エレメント」に出てたあの黒人ね。
 いわゆるジャッキーアクションではなく、ハリウッド資本のアクション作品。アクション部分には多分に香港の香りが漂っているが、まぁ全体の匂いがやっぱハリウッド・アクションだわな。FBIの描き方とか。故に話も中身があるものではなく、純粋にアクションを楽しむ作品ではあるが、尺(97分)といい脚本(ロス・ラマナ)といい、非常にバランスのとれた作品と云える。よくまとまっている。監督も脚本も知らない人だったが、何とラロ・シフリンが音楽やってんのね。ひとつ驚いたのは、あら懐かしや、エリザベス・ペーニャが出てたこと。「ブルースチール」や「ジェイコブス・ラダー」に出てたわな。今回はお色気担当みたいな役回りだったけど、寄る年波には勝てんわなあ。

|

« ターミナル | トップページ | THE有頂天ホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッシュアワー:

« ターミナル | トップページ | THE有頂天ホテル »