« ウルトラマンメビウス第21話「虚空の呼び声」第22話「日々の未来」 | トップページ | ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 »

2006/10/08

ウルトラマンメビウス第23話「時の海鳴り」

 またもや大分間が空いてしまった。例によって台湾行があったうえ、ちょっと大きめの仕事と重なっていたり、さらにシーズン的に仕事が忙しくなる時期でもあって……(以下、言い訳が延々と続く)。
 そのへんのことは別途アップするが、その前にまずは台湾の前に観たメビウスからだ。本当はまとめてアップも考えたのだが、この次の話から展開が変わっていくので、単独で扱ったほうがいいと判断した。

 前話で、地球に怪獣を呼び寄せていたボガールの後継、レッサーボガールが倒されたことから、話としては怪獣が出てくる理由づけが必要なわけだが、そこは次の話に譲っておいて、ここでは現実世界ではない話に逸れていく。云わば閑話休題、外伝のような話だ。
 演出(と特技監督)が初登場のアベ・ユーイチなる人物。脚本は2度目の太田愛。ファンタジーっぽい演出ではあるが、合間あいまに細かな笑いを入れてくる。かなりマニアックな構成と云える。きっと若造だろうと想像する。やりすぎると鼻につくことがまだ分かっていない。だがまぁ、脚本は割とよくできている。体のいい「時をかける少女」だ。脚本の太田愛は、前回が怪獣博士の決意譚(14話)で、今回が耳の良い女の少女時代の話だから、本編の流れに関係ない、個別キャラクターの話要員と位置づけられているのかもしれない。ということはつまり割と新人なのかな?
 怪獣はまたもやオリジナルのクロノーム。次の話から再登場怪獣が増えてくるので、しばらくはオリジナル最後の怪獣ということになろう。

|

« ウルトラマンメビウス第21話「虚空の呼び声」第22話「日々の未来」 | トップページ | ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンメビウス第23話「時の海鳴り」:

« ウルトラマンメビウス第21話「虚空の呼び声」第22話「日々の未来」 | トップページ | ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 »