« うにば行②その5 | トップページ | 太陽 »

2006/10/28

うにば行②その6

 もう時間がない。最後に残ったエクスプレス1枚を使って割り込んだのが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」だ。

 会場の前に定期的に現れるドク・ブラウン――かと思いきや、えらく若いガイジンのあんちゃんが白髪のヅラかぶってるだけじゃんか。さらにその向こう、会場の入り口前に展示してあるのはデロリアンである。▼

12deroriun02tail

13deroriun01front

 ▲ エンブレムが外れてるのは、意図的なのか盗まれたのか。

 肝心の中身だが、例によってライドもの。ドク・ブラウン(クリストファー・ロイド)からデロリアンを奪ったビフ・タンネン(トーマス・F・ウィルソン)。追いかけなければならないが、ドクは閉じこめられている。キミら行ってくれ、となって観客たちがデロリアンを追いかけることになる。乗り込むのはドクがトヨタと共同開発した新型デロリアン。トヨタの最新鋭技術によって車体の大きさはそのままに、12人乗れる仕様になっている(なんじゃそりゃ)。ビフはタイムスリップを繰り返しつつどんどん逃げていく。そこに追いつき、ぶつかれば帰還することができる。実際には動いていないのだが例によって背景を動かすことによって動いているように見せかける仕掛け。大したことはないんだけどね。

 時間ギリギリになって直行バスに乗り込み、一路、伊丹へ。帰宅したら22時を回っていた。

|

« うにば行②その5 | トップページ | 太陽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うにば行②その6:

« うにば行②その5 | トップページ | 太陽 »