« ウルトラマンメビウス第24話「復活のヤプール」 | トップページ | 台湾行④その2 »

2006/10/11

台湾行④その1

 またもや台湾である。仕事で4度目、プライベートも含めると5度目となる。スケジュールは当初、9月19~22日の3日間だけのはずだった。先方、すなわちC氏からそのように打診されたのである。9月の始め、C氏から送られてきたFAXを見てひっくりかえった。曰く、「本職は8月1日付をもって異動し…」えええーっ!? 慌てて国際電話。「Cさん? 異動したって…」「ええ。でも今回の訪台の窓口は私が責任を持ちますよ。ハハハ」。ならいいけど…。
 同行者はまたもやN氏。去年の今頃行ったとき、台風に悩まされた反省から相談した結果、前後に1日ずつ空けようという話になった。何もなければ観光になる。C氏に相談すると、構わないとの返事。したがって旅程は、9月18~23日の5泊6日となった。18日は日本の休日だし23日は土曜日だが、まぁどうせ観光だからと自分で自分を納得させた。ところが出発直前になってから再びC氏から連絡が入る。「すいません。18日と23日も仕事になってしまいました。ハハハ」……ハハハじゃなーいっ!!

 初日。今回は遅めの出発。夕刻の便のため前日に泊まる必要もない。ただしチャイナ・エアラインのため機内で映画は観られなかった。
 この日も仕事があるにはあったがさして時間を割かれず(翌朝が早いからだけで、決して我々に気を遣ってくれたわけではない)、N氏と相談した結果、マッサージに行こうということになる。
 というのも今回の旅程では、台北市内にいられるのが初日と22~23日だけだから、マッサージに行くとしたらほかに隙間がなかったのだ。とはいえまた同じ店に行くのも芸がない。
 夕食のためテキトーに入った林森北路の店で、おばちゃんにマッサージ屋を訊ねると、「ニューヨークニューヨークという店がいい」という返事。案内されると、前に行ったことがある店より料金が安い。まぁいいかということになって入店する。しかし…。
 思うにこの店、どうも特殊なサービスもやるところではないのか。というのも、まず女の子の衣装が、なんつーの? ショムニかなんかで出てきたようなOL服っつーの? ピンクの。ミニスカの。んでもって、うつぶせに寝たとき、両手を前に回して置くんだけど、女の子の側は両手の間(オレの頭の向こう)に立って、逆向きに背中とかを揉むのね。そんとき、どう考えても意図的にオレの手に太腿(ミニスカなんでちょうどむき出し部分があたる高さになる)あたりをこすりつけてくるのさ。こりゃいかん、追加料金なんざとられてなるもんかと思うから、不必要に手を動かさないように緊張して、おかげで肩が凝っちゃったぜ。マッサージ店に入ったのに。
 宿泊は前回泊まったのと同じとこ。小さくて古いけど、部屋でタバコ吸えるからまぁよしとする。それと、今回はLANケーブル持ってったので、無料でネットにつなぐことができる。もっともここに泊まるのはあと22日の夜だけだから、あんま意味ないな。

|

« ウルトラマンメビウス第24話「復活のヤプール」 | トップページ | 台湾行④その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾行④その1:

« ウルトラマンメビウス第24話「復活のヤプール」 | トップページ | 台湾行④その2 »