« ウルトラマンメビウス第30話「約束の炎」 | トップページ | トム・クルーズ、UAとタッグ »

2006/11/03

父親たちの星条旗

 また空いてしまった。どぉも最近イレギュラーな深酒が多い。仕事抜きで呑みたいのだが…。

 さて、よく観る前の映画をどういう基準で選ぶのかと訊かれる。そりゃ好きな監督やら役者やらなのだが、微妙な場合に何を参考にするかというわけだ。別にこれと決めているものはないのだが、アンチな意味で絶対的な信頼を寄せている基準がある。

 「おすぎ」が推薦する映画だ。

 これだけは絶対に観ない。間違いなくハズレなのだ。オレにとって。過去の勝率は10割である。非常に助かる。

 今朝の番組で、おすぎが「父親たちの星条旗」をやたらと褒めていた。残念でならない。観てはいけない作品になってしまった。

|

« ウルトラマンメビウス第30話「約束の炎」 | トップページ | トム・クルーズ、UAとタッグ »

コメント

MOです。

これ。見てきました。

良くできていた方だと思います。少なくとも『パールハーバー』と比べたら検証もしっかりしているし(ほめ言葉になるのか?)。

でも、硫黄島って、昔はいおうとうってよんでいたはずなんですけど今はいおうじまなんですね。まあ、アメリカでは一括してイオージマだから仕方ないか。

でも、硫黄島での戦いのシーンと、アメリカ国内での主人公たちの振る舞い、懊悩がそれぞれフラッシュバックされるような構成になっているので、今どこにいるのか?何をしているのかがぼけるときが多かったです。ついて行けない自分が悪いのかもしれませんが。
二部作にしてあるからかもしれないけれど、日本兵の姿がほとんど出てこない。時々数名襲いかかってくるくらい。だから、ほとんどが砲撃とか銃撃なんですよね。日本の抵抗が。
それが、戦争シーンに今ひとつ激しさや恐ろしさを欠けさせた理由かもしれません。硫黄島の戦いは、太平洋戦争戦域で、アメリカ軍が非常に困難を極めた戦いだったのだから、そういう点に着目するのかな?と思ったら、兵士が帰ってきてからの苦労話の方が主流でした。

でも、方や国内で戦時国債をどう売ろうかとぜーたくなパーティや大イベント開催して、そんな中で苦労しているかと思えば、此方燃料も金属も食い物もなくて、鍋釜溶かして銃弾作ってたり松の根絞って松根油作ってたり、芋の蔓食っていたりしていたんだからどうあがいたって日本は勝てなかったんだなあ、と思い、そういう意味では辛い内容でした。

投稿: MO | 2006/12/15 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父親たちの星条旗:

« ウルトラマンメビウス第30話「約束の炎」 | トップページ | トム・クルーズ、UAとタッグ »