« 旭川 行① | トップページ | 旭川 行② »

2006/12/11

ウルトラマンメビウス第35話「群青の光と影」

 前回の流れでレオ怪獣か。

 ツルギに化けたババルウ星人とヒカリとの戦いを通し、ヒカリがかつての贖罪を果たすまでの話。

 気になったのは2つ。1つは、あからさまなカメラワークによって田中実が総監であることを確定させたこと。もう1つはセリザワ前隊長の科白。「今後、地球を守りにやってくるかもしれない青いウルトラマンのために…」。だからサブタイトルが「群青」なのはいいが、それって次回作が青ってこと?

|

« 旭川 行① | トップページ | 旭川 行② »

コメント

MOでございます。

エンドロールで太平洋に古手川祐子が子供と戯れているシーンが出るかと思いました。

あ…そっちじゃなくて?

ババルウ星人は相変わらず卑怯星人で、前回アストラに化けてウルトラキーを盗んだときのような卑怯さ。しかも、偽にありがちな『目つきが悪い(byサコミズ隊長)』もなかったなあ。完璧な変身だ。

ヒカリがハンターナイト・ツルギの力を正しい心のまま使えるようになったパワーアップというのは、うまい使い方ですね。いたずらに新しいデザインやキャラクターを増やすのが昨今の風潮ですが。
まーカブトなんて新しいライダーが出る出る!

投稿: MO | 2006/12/15 11:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンメビウス第35話「群青の光と影」:

« 旭川 行① | トップページ | 旭川 行② »