« 生存報告 | トップページ | たそがれ清兵衛 »

2007/01/29

ウルトラマンメビウス第40話「ひとりの楽園」

 劇場版の監督である小中和哉の再登板、第2弾。時期的にはこれが最後と思われる。脚本は前話に続き朱川湊人。

 「休日に何をしていいか分からない」ミライくん、同級生から意地悪をされてるのに拒絶しない女子高生と出会う。「人間は寂しいから」。そこへつけ込むのが植物宇宙人(なんかフクザツ)ソリチュラン。「寂しい人間」を取り込んで一体化し、全く同じ世界の幻影を見せる。助け出された人々に「なんでそのままにしておいてくれないんだ」となじられる女子高生……って、おいおい、なんかこういうテイストの話って、むしろ戦隊シリーズっぽくないか?

 話はよくまとまってたからいいが、小中-朱川コンビとしては肩すかしをくった感じ。

 ところで。どっかで観たなと思ってたら、あの男の子、ネクサスに出てた無表情な子だね。いや、オレあんま観てなかったからしらんけど。

|

« 生存報告 | トップページ | たそがれ清兵衛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンメビウス第40話「ひとりの楽園」:

« 生存報告 | トップページ | たそがれ清兵衛 »