« 推理小説 | トップページ | 大阪 行にて »

2007/02/16

大阪行

 7日、仕事にて大阪日帰り。といっても、ほとんど仕事らしいことはしとらん。
 以前、台湾でお世話になった日本のN社長。その父親にして会長のN氏が亡くなったのだ。つまり社葬に列席するためだけの大阪行である。本来であれば上司が出席するのが筋なのだが、別件で所用があり、他の役員はN社長ともN会長とも面識がない。で、オレが名代ということになったわけだ。
 N親子には申し訳ないが、正直云って迷惑な話。丸1日仕事できないしわ寄せが前後日にいくからだ。まぁこれも仕事と割り切って大阪へ向かった。

 会場に着いてみて驚いた。昨年11月18~19日に行ったところの隣に立っている寺だった。浄土真宗本願寺派の寺だそうな。
 亡くなったN会長、その息子N社長のN社は、さほど大きな会社ではない。ところがN会長、N社の実権は息子に任せて(といってもN会長本人は代表権付である)、別に子会社を設けて異なる事業を展開していた。1つは不動産会社。2県にウン十の物件を所有し、貸しビル、マンション、アパートなどを経営しているそうな。もう1つは大手損保の代理店。こちらは保険金保有高が大きい。故に3社あわせた資産は数千億となる。以上3社の合同葬となればミエをはるもので、読まれる弔電は大手都銀の頭取クラスが優先される。

 場違いだなあ。どうもいたたまれない。合同葬に出席した以外はほとんど何もしなかった(うちの会社の大阪支局に寄ってきたくらい)のに、妙に疲れる1日だった。これなら仕事してたほうがマシだ。

|

« 推理小説 | トップページ | 大阪 行にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪行:

« 推理小説 | トップページ | 大阪 行にて »