« 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その9「ケナケナの女」 | トップページ | エロもグロも恋愛も不要論 »

2007/04/18

仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」

 タイトルは要するに「信じろ」ってことだな。それによって暴走したキンタロスはオーナーに乗車拒否(前にも書いたがなんで日本語なんだ?)を言い渡されるが、結局は歴史を改変したことで大元の災厄が「なかったこと」になるので不問となる。……それでいいのか? だって別の時間軸に移行したってことだし、何より子どもにその理屈が理解できるとも思えん。

 脚本は前話から米村正二で、監督はダメダメ坂本太郎ちゃん。
 何度も云うが設定を複雑にすればするほど子ども憑いて着いてこなくなるぞ。

 技だした後にキンタロス「ダイナミックチョップ」って云う。良太郎くん「後から云うんだ」ってのはよかった。そういうとこは子どもって敏感に反応しそうだが、そのおかしみにも限界があろう。

 良太郎くんは良太郎くんで頑張ってるんだろうが、こういう脚本だとスベッてるように見えてきちゃうぞ。
 ちなみに良太郎くん、ラジオでこんなふうに語っている。
 →http://www.voiceblog.jp/otamama842/

|

« 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その9「ケナケナの女」 | トップページ | エロもグロも恋愛も不要論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」:

« 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その9「ケナケナの女」 | トップページ | エロもグロも恋愛も不要論 »