« 東京白景 07 | トップページ | 仮面ライダー電王 第19話「その男、ゼロのスタート」 »

2007/06/06

獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その16「ジリジリ!臨獣拳、課外授業」

 今話では、バンダイの年間戦略が発表された。

 まず10人の激気の使い手がいた。うち3人がアクガタを名乗り、残り7人がビーストアーツを創設した。この7人が拳聖、すなわちマスターで、さらにこのうち3人までが登場済み(シャーフー、エレファン・キンポー、バット・リー)。新マスター登場のたびにゲキトージャに動きにくい装飾品が追加されるところからすると、少なくとも4つのオモチャ新製品が登場する計画ということだ。
 さらに3人のアクガタ・マスターは、リオだけでなくメレも修行の対象とし始めた。こちらもひょっとしてオモチャ化?

 さてアクガタ側2人目のマスターはクラゲ女。リオよりメレが気に入ったらしく、メレに修行をつけようとするが、メレは拒否。仕方ないのでリオに毒を打ち込み、助けたければ指定した相手と戦えと命じる。指定した相手とは、マスター・シャーフーだったりする。

 ネコって昔ニンゲンだったの? どうもそんな口ぶりなんだよな。
 こういう謎なら大歓迎である。ちょっと「紅の豚」を思い出した。

 巨大ロボット戦を冒頭側にもってくるという構成の変更もいいぞ。

|

« 東京白景 07 | トップページ | 仮面ライダー電王 第19話「その男、ゼロのスタート」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京白景 07 | トップページ | 仮面ライダー電王 第19話「その男、ゼロのスタート」 »