« あっれっは~だれ~だっ | トップページ | 仮面ライダー電王 第24話「グッバイ王子のララバイ」 »

2007/07/18

必殺仕事人2007

 オレは決して「必殺仕掛人」(1972年)に始まる必殺シリーズも、「必殺仕置人」(1973年)に始まる中村主水シリーズも、ともに熟知しているわけではないし、「必殺仕事人」(1979年)に始まる「仕事人」シリーズも全て観ているわけではない。そのオレにしてからが云えてしまうのが、本作が「必殺」でもなければ「仕事人」でもない点だ。確かに藤田まこと演じるところの中村主水は出てくるし、一応それっぽい、仕事人っぽい、あるいは必殺っぽいストーリーラインはあるものの、まるで別物である。いや、それが悪いと云っているのではない。別物は別物としてきちんと成立していて、ストリーテリングが水準以上であれば何の問題もないのだが、残念ながらそうはなっていない。非常に冗長で、テンポがまるでなっていない。この内容なら2時間にせずとも1時間で十分描ける。オマージュだかマネだかパロディだか知らないが、妙な過去作との酷似も無理矢理にすぎるし、そんなことにフィルム(本作はハイビジョンではあるが)を浪費するくらいなら、ちゃんとストーリーテリングに費やしていただきたい。

 だがまぁ……。

 ちょっと懐かしくなっちゃったのは事実だ。古今亭志ん朝(新・仕事人)や中村梅之助(仕事人Ⅲ以降)に倣ったものか、冒頭のナレーションを春風亭小朝が担当(小粒にすぎるが…)。音楽が丸々平尾昌晃ってのも嬉しい。他の仕事人たちの殺しのシーンでかかる曲がアップテンポなのに対し、主水のシーンだけスローバラードになるのも、ちょうど「新・仕事人」以来の伝統を守っていていい。どういうわけか「想い出の糸車」のインストが入ってくるあたりからすると、オマージュを捧げてる先は「仕事人」でも「仕事人Ⅲ」以降でもなく「新・仕事人」なのかな? その割に加代(鮎川いずみ)もおりく(山田五十鈴)も出てこず(無茶云うな)、秀(三田村邦彦)も勇次(中条きよし)も出てこない。
 必殺シリーズで長らく撮影監督を務めていた石原興が監督をやってるのも嬉しかった(よく考えたら監督作としては初参戦ではないか)が、前述したように緩急が全くできていない。いや、それは脚本が悪いのか? 寺田敏雄ってのは知らないが、テレ朝の2時間ドラマなんかを書いてる人らしい(必殺シリーズでは初)。

 最大の不満が殺し方だ。簪も三味糸も出てこないのは、秀も勇次も出てこないから仕方ないとはいえ、毒物は使っちゃいかんだろう。カラクリ人形ってのは、ひかる一平枠かなあ。そういえばジャニーズだし。

 ええと、主水のポジションにいる南町奉行所の定町廻り同心・渡辺小五郎に東山紀之(少年隊)、経師屋の涼次に松岡昌宏(TOKIO)、からくり屋の源太に大倉忠義(関ジャニ∞)と、仕事人全般がジャニーズ。藤田主水は東山小五郎が異動してきたんで書庫番に配置転換された。話上も脇役っぽい扱われ方。仕事人たちをまとめる元締め役っていうんだから、昔なら鮎川いずみか山田五十鈴のポジションにあたる花御殿(常磐津の師匠)お菊に和久井映見。この和久井映見が出色の出来で、今回唯一の収穫と云っていい。が、残念ながら脚本不如意につき活躍ならず(仕事はしない)。松岡涼次の正体が伊賀の抜け忍・蜩(ひぐらし)で、こいつを追っかけてきた伊賀忍者・玉櫛に水川あさみ。このへんは後のシリーズ化を意識したキャスティングか?
 中村家の姑・せん(菅井きん)と嫁・りつ(白木万理)は健在で、同じ婿養子でも渡辺小五郎の場合、姑・こうに野際陽子、嫁・ふくに中越典子(つまり戦慄VS幸福ってことね)をあててるのはお遊びとしても、せんとりつを出すんなら筆頭同心・田中(山内としお)を出せよ。オレはあの「中村さんっ!」を聞きたくて必殺みてたようなもんなんだからさ(嘘です)。

 今回、悪役は充実している。茅場町の土地仲買商・加賀屋彦左衛門に石橋蓮司、その息子・玄衛門に佐野史郎、加賀屋の番頭頭に団時朗(うう、郷秀樹がグレちまって…)、加賀屋に協力する安徳組の頭・喜助に長江英和。ここまではまぁ定番通りなんだが、南町奉行所の筆頭与力・鳥山景意を黒幕にしたかったら、伊武雅刀をキャスティングしちゃいかんだろう。最初っから悪役って分かるじゃねぇか。せめて声だけで映像は後回しにするとかの配慮が欲しかったなあ。なんかもぉベタベタで…。
 ほかに、南町奉行所の筆頭同心っていうんだから田中さんのポジションにあたる坂本勘助に宇梶剛士。渡辺小五郎の後輩同心・大河原伝七に福士誠治。最初の頼み人(依頼人)になる上総屋の娘・佐知に星野真里。まぁこのへんはどうもでいいや。

 ところで……「〝麹町〟の米問屋・〝播磨〟屋に火を付けられた〝上総〟屋」だの、「裏にいたのが〝茅場町〟の土地仲買商・〝加賀〟屋で、地上げの依頼先が〝安徳〟組」だの……って、寺田敏雄ってのは米流通業界に詳しい人か? そういえば水川あさみの白拍子姿って、まんま「あきたこまちキャンペーンガール」の衣装だよなあ(すいません、独り言です)。

|

« あっれっは~だれ~だっ | トップページ | 仮面ライダー電王 第24話「グッバイ王子のララバイ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あっれっは~だれ~だっ | トップページ | 仮面ライダー電王 第24話「グッバイ王子のララバイ」 »