« 仮面ライダー電王 第25話「クライマックスWジャンプ」 | トップページ | アンフェア SPECIAL コード・ブレーキング~暗号解読~ »

2007/07/25

獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その21「ビキビキビキビキ!カゲキに過激気」

 なぜ戦うのか。

 云ってみればヒーローもの最大のテーマに、全50話中21話にして真正面から取り組んだのが今話と云えよう。
「俺の選んだ道だからだ」
 リオの答は、ある種単純明快である。対してジャンのそれは、なかなか見つからない。ふと青空を見上げるもんだから、「みんなの笑顔が見たいから」なんで云いだすんじゃないかとヒヤヒヤしたが、ようやくジャンの辿り着いた答は、表現こそ違えど、やはりヒーローものの王道をいっていた。
「守りたいだ。みんなを守る、守りたい! だからオレは闘うんだ」
 続けてジャンは、リオに向かってこうも云う。
「強いものが弱いものいじめてどーすんだ! みんなを守らないでどーすんだ! 理央、お前は……ダメだ!」
 すいません、このあたり、うちの奥さんウルッときてました。

 監督&脚本は第15~16話以来の諸田敏&横手美智子コンビ。

 何はともあれ、一人では辿り着けない答に仲間が協力して辿り着けば、そこに自ずと開かれる道はある。うまいことに水木アニキ一郎が歌うエンディング曲は「道(タオ)」である。君が何かをめざすときには そこに必ず道が見えるさ。見えた道の先にあるのは、過激気への到達、ゲキレンジャー新バージョンへの昇華。なるほど、オープニングのナレーションには「ともに学び、変わる」とある。ただその……ほかのはいいとしても過激ファンタスティック・テクニックってのはいやーんな感じが増したな(←莫迦)。
 主人公たちはさらに変わる。ゴリラとペンギンとガゼルの合体によるファイヤーゲキトージャ。バンダイさん大喜び♪

 映画版への伏線などという姑息な手を使わずとも、立派に昇華してみせた。いや、ほんとは9体のゲキビーストが出てきたときには「もう全部合体しちゃうのか!?」と焦ったもんだが、さすがにそういうことは最終回までとっとくらしい(そうなのか?)
 対してリオの側も、ようやくゲキレンジャーを対等の敵と認めざるをえなくなった。白獅子に連なる者……って、そりゃそうだよ。白獅子はお父さんだし、ジャンは兄弟だもん(←決めつけ)。

 古来から、悪は楽な道。善は苦難の道のり。しかも理解されにくい。立派なジェダイでも安易にダークサイドに落ちてしまう……ってのは、マジレンジャーでもやってたな(関係ないけどTVマガジンのCMにヒカル先生が出てきますな)。そこをきちんと説いてあげるのが、こういう番組の使命だと思うんだけど、そこんとこが立派にできるのが嬉しい。デカレンほどではないにしても、マジレン並みな作品にはなってきてるなあ。

 次回いよいよ最後の賢魔の登場となりますかしらん?

|

« 仮面ライダー電王 第25話「クライマックスWジャンプ」 | トップページ | アンフェア SPECIAL コード・ブレーキング~暗号解読~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仮面ライダー電王 第25話「クライマックスWジャンプ」 | トップページ | アンフェア SPECIAL コード・ブレーキング~暗号解読~ »