« 仮面ライダー電王 第23話「王子降臨、頭が高い!」 | トップページ | いろいろあんのよ »

2007/07/13

花嫁とパパ

 振り返ってみれば、こういうコメディってTVシリーズじゃなく単体のSPドラマとか映画で見せたほうがよかったんじゃないか。オリジナルビデオとかね。まぁそれだとこういうキャスティングは組めなかったろうしなあ。最初の展開のさせ方と最終回がセオリー通りだったもんで、ならば途中のグダグダ感をもうちょっとなんとかせぇよという気になった。

 演出は佐藤祐市(『アテンションプリーズ』、『ウォーターボーイズ』)と石川淳一(『Ns’あおい』、『ウォーターボーイズ』)の共同テレビ2枚看板。脚本も2枚看板だが、メインがCXヤングシナリオ大賞出身(ただし佳作)のいずみ吉紘(『恋愛偏差値』、『人にやさしく』)。小川智子(『ほんとにあった怖い話』、『スカイハイ』)がサブにまわっている。途中みてなかったんで、誰がどの話を担当したのかまではわからん。普通に考えたらチーフの佐藤祐市&いずみ吉紘が1話と最終回を担当しているはずだが。意外と良かったのが佐橋俊彦(『仮面ライダークウガ』)の音楽。そこだけは褒めとこう。

 ことの発端から、愛子(石原さとみ)と三浦くん(田口淳之介)が結婚するまでの話ってのは分かる。最初から最後までバカップルVS宇崎パパ(時任三郎)では成立しない話ってのも分かるが、だからといってシリアスにはしるのは安易というもので、コメディでありつつ成長譚を描くという職人芸を見せてほしかったというのは贅沢な望みなのか?
 石原さとみの演技は文句なし。芝居の付け方がうまかったのかもしれないが、「顔」で演技するという本来の演技の基本がついてきた。素人・田口淳之介がひどいもんだが、かえって石原さとみの演技が目立つところからすると意図的か。時任三郎は安定しているので云うことなし。
 脚本的には、和久井映見のポジションはもうちょっと使いでがあったように思うのだが、コメディに徹しきれていないんだから使いでも何もあったもんじゃない。その分、愛子の仕事場のほうに重点が置かれていて、小泉孝太郎と白石美帆がこれまた安定した芝居。特に小泉孝太郎、こういう役も面白いかもしれん。白石美帆の成長ぶりには目を見張るばかり。
 愛子の仕事場レギュラー3人娘(滝沢沙織、今井りか、西原亜希)も活躍できなかったのは、ひとえに脚本の不出来によるものだから、恨むんなら脚本を恨むように。宇崎パパの職場レギュラーの方々(浅野和之、広岡由里子、忍成修吾、金田美香、中園友乃)は、あんなもんじゃねぇの? 和久井映見と組んだ佐津川愛美は、惜しいんだよな。せっかくおいしい役をフラれてるのに、あれどまりかよ。

 まぁ1話目の宇崎パパと愛子のかけあいがコメディのはしりを感じさせてくれたし、最終回の最終シーンで主人公・宇崎パパだけが本来のコメディ性を取り戻してくれたし、愛子ママの手紙にはウルッときたし……で、よしとするか。さすがに途中のグダグダを取り返すまではいってないが、往った復したで真ん中Bランクとする。

|

« 仮面ライダー電王 第23話「王子降臨、頭が高い!」 | トップページ | いろいろあんのよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仮面ライダー電王 第23話「王子降臨、頭が高い!」 | トップページ | いろいろあんのよ »