« 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その21「ビキビキビキビキ!カゲキに過激気」 | トップページ | ウルトラセブンX »

2007/07/26

アンフェア SPECIAL コード・ブレーキング~暗号解読~

 どうせ映画版のDVDが出るだろうから、それまでの間に見返しておこうとDVD借りてきた――わけじゃなく、単に奥さんが借りてきたDVDの1枚がこれだった。

 TVシリーズんときに思ったんだが、こういう展開って連続ドラマじゃなく、単発のドラマか映画にしたほうがしっくりくるんじゃないか。本作ではまさにその通り、よくまとまっている出来になった。もともと映画化への布石が狙いだったようだから、よけい計画的というか整理がついた展開になっている。まぁTVシリーズもストーリテリングそのものは良い出来だったとは思うが。

 原作は、予告殺人と、予告する媒体が小説で、続きを入札で落とせという脅迫とが入り乱れる内容。真犯人のポジションも含めて、ここまでがTVシリーズの第1部。TVシリーズの残り2部は全くのオリジナルで、しかも第1部の犯人にしてからが、最終的な真犯人に操られていた、というオチを用意していた。
 本作では公安OBの連続殺人に始まり、主人公・雪平夏見(篠原涼子)の父親が殺された理由に至るという展開で、最初の原作のような派手な仕掛けこそないものの、話の展開のさせ方(見せ方)はよほどこちらのほうが優れている。

 ただ、残念ながら単品作というのは(連続ドラマと比較して)キャラクターを立たせるのによほどの力量がないと難しいベースで、ただでさえTVシリーズでできていなかったキャラクターの掘り下げが、さらにできていないという致命的な欠陥に至っている。雪平夏見だけでなくメインのキャラクター全てが、TVシリーズを丹念に見ていないと理解不能(本作では全く説明されない)で、その部分はTVシリーズにオンブの状態。まぁ単発ドラマなら許されるのかもしれないが、不特定多数が見に来る映画となると、さすがに説明せにゃ納得しないよ?
 今からDVD観んのが楽しみではある。

|

« 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その21「ビキビキビキビキ!カゲキに過激気」 | トップページ | ウルトラセブンX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その21「ビキビキビキビキ!カゲキに過激気」 | トップページ | ウルトラセブンX »