« 仮面ライダー電王 第30話「奥さん花火どう?」 | トップページ | ジャイアントロボ »

2007/08/31

獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その26「モヘモヘ!お悩み相談」

 脚本・會川昇、監督・竹本昇の後編。(細川)シゲキが加わったのはいいが、これまでゲキレンジャーはトライアングルだった。そこを崩せないと悩むゴウ。ドリンキを手に入れたがマクに勝てるのか分からないリオ。そして、何だか分からないけどモヘモヘなジャン。3人が3様の悩みを抱え、訪ねた先は「激獣拳お悩み相談所」。何のことはない、精神科医でもあるマスター・ゴリーの診療所(何故かミシェルが看護婦だけど相手にされない)だ。

 3人の悩みをうまく対比にしてある。まずゴウは、1人でトライアングルを守りつつ戦うと勝手に解釈するが、ジャンの行動を見て「まいったゼ」的に4人で戦うことを受け入れる。対してリオは、最初っから最後まで自分だけで勝手に解釈する。ゴリー曰く、「あの3人は確かに弱い。だが分かろうと努力する。そこがキミは及ばない。マクにもだ」。
 最後のジャンの悩みがケッサク。てっきりトライアングル+1を悩んでるのかと思ったら、ジャンは最初っから4人で戦うことを決めていて、悩んでいたのは……立ち位置だったっ!
 な、なるほど。確かに例年、6人目や4人目の戦士が現れると、当然のようにセンターあたりに立つが、そこに必然を求めたわけか。えらいぞジャン。よくぞそこまでモノを考えられるようになった。チミはやればできる子やでー。

 ゴリーに「ドリンキをもってしてもマクに勝てない」と宣言されたリオ。ではどうすればマクに勝てるようになるのかと詰め寄ると、ゴリーはうっかり「マクの強さは神の領域」と口走ってしまう。激獣拳の里には神が棲むと伝説にある。そこで最強の力を手にすることを誓って以下、次回。
 その次回予告。すげー意外。まさかバエがメインの話が出てくるとは(しかもどうやらロンと無関係そう)。

|

« 仮面ライダー電王 第30話「奥さん花火どう?」 | トップページ | ジャイアントロボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仮面ライダー電王 第30話「奥さん花火どう?」 | トップページ | ジャイアントロボ »