« 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その29「グダグダヘレヘレ!ショッピング」 | トップページ | 「メガネメガネ……」 »

2007/09/26

獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その30「セイセイでドウドウの女」

 臨獣オーストリッチ拳のチョウダ。受吸力で技を吸い取った後、卵を産んで新たなチョウダとして再生。生まれ変わったチョウダは確かに無敵なんだが、もう名古屋弁じゃなくなってるのでちょっとつまらん(デザインは相変わらずイッチョメな感じ)。ところが前の戦いでは相手にしてなかったため、受吸力で吸い取った技が効かない相手が一人だけいた。ケンだ。こりゃちょうどいいやと戦闘開始。ところがケンは「ちょっとタンマ。おしっこ!」。

 リオのためケンから操獣刀を奪いたいケナケナ女のメレだったが、同時にメレはセイセイでドウドウな女でもあることから、真正面からケンに一騎打ちを挑む。しかしロンが操獣刀を奪うためケンの妹・幸子を殺せとそそのかす。自らのポリシーを曲げてまで操獣刀奪取に(つまりリオに)こだわったメレは、いつのまにか怒臨気を習得。なんかこのへんの件り、デビルマン(原作のほう)みたいだな。

 ところで今回特筆すべきは、幸子の科白にある。「『恐竜や』のカレーを食べに行く」という科白。恐竜や! 素晴らしい。ゲキレンの世界観は、アバレンにつながってるってことか!(脚本が荒川稔久だからだよなぁ)しかも『恐竜や』といえば、デカレンのドギーとマジレンのマジマザーがかつて一緒に会ってた場所! ますます素晴らしい。ウメコ、ジャスミン、キミたちの出番は近いぞ(そこかよ)。

 脚本は再び荒川稔久(監督も再び諸田敏)。こりゃいよいよもって横手美智子の存在感は薄くなってきたな~。どれくらい薄くなってきたかっていうと、ゲキブル……………いや、キャラの話じゃなくてメインライターの座の話だよ? 危うく忘れるとこだったぜ。ふぅ~。

|

« 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その29「グダグダヘレヘレ!ショッピング」 | トップページ | 「メガネメガネ……」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その29「グダグダヘレヘレ!ショッピング」 | トップページ | 「メガネメガネ……」 »