« 小説「こちら葛飾区亀有公園前派出所」 | トップページ | オモロいオッチャん »

2007/09/08

地獄の番犬

 毎日の通勤の際、地下鉄の駅を経由する。

 往きと復りとでは、しかし利用する階段(入り口)が異なる。

 故に、その交番の裏を通るのは、1日に一度だけ。復りだ。

 先日、交番の裏の壁に、こんな落書きがしてあるのを発見した。

「権力の犬の家」

 ……何か懐かしいような、不思議なフレーズだ。

 翌日の復り。同じように交番の裏を通ると、前日の落書きは消されていた。何かの皮肉のように綺麗な白いペンキで上から塗りつぶされていたのだ。

 そんなに嫌だったのかねぇ。「権力の犬」っていうフレーズが。

|

« 小説「こちら葛飾区亀有公園前派出所」 | トップページ | オモロいオッチャん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小説「こちら葛飾区亀有公園前派出所」 | トップページ | オモロいオッチャん »