« 「メガネメガネ……」 | トップページ | 日光 行② »

2007/09/30

日光 行①

 さる記念日にかけて、ちょいと旅行なんぞへ行こうという話になった。折しも9月22~24日は3連休。しかし奥さんのほうは23~25日の3連休と1日ズレがあるため、こちらが25日に有給をとった。当初は、「日本全国・江戸村めぐり」と題して、日光江戸村(栃木県日光市)、歴史公園ワープステーション江戸(茨城県つくばみらい市)、東映太秦映画村(京都府京都市)を1日ずつ日帰りで巡ろうという無謀な計画を樹てていたのだが、各江戸村の内部を効率よく回るノウハウとか往復の経路といったことを調べるヒマがなかったもので、非常に無計画な旅になってしまった。テーマはズバリ「行きゃぁ何とかなるさ」。日程の都合上、まず茨城行は断念。さらに日光は、当初欲張って江戸村と東照宮の両方を巡ろうと考えていたのだが、2か所は意外なほど離れていることに気づき、片方のみとなった。選んだのは東照宮。この時点で「江戸村めぐり」というテーマは雲散霧消している。23日に日光、24日に太秦(25日は予備日)を想定した。ところがところが、前日の深酒の影響から23日は「24」(シーズン1)最後の数話を観るために費やされてしまい、やむなく24~25日へと1日ズラす強行日程と相成った。

 まずは24日の日光編である。

 休日だというのに平日と同じ時刻に起床。北千住駅へと向かう。乗ったのは東武鉄道日光線の特急スペーシア「けごん7号」(09:40発)。わずか1時間半ほどしか乗車しないが、今回は奮発して個室をチョイス。
 始発駅は浅草なので、北千住にはさほど長い時間停車しない。列車の旅だというのに「入線してくる車両」という図を撮り損ねた(鉄っちゃんかオレは)。これは個室専用車両の入り口。

01_3

 個室と片側の窓の間は廊下になっている。1車両に6室。我々が直前に予約したら残表示が「5」になったから、たぶん終点までこの車両に乗っていたのは我々だけだったと思う。

02_2

 室内から廊下側を眺めるとこんな感じ。狭く見えるかもしれないが、実際は割と広い。これでタバコ吸えたら云うことないんだが…。

03

 逆側の車窓から外を眺めたのがこの図。まだ埼玉県内を走ってる頃だと思う。

04

 ウカれている人、約1名。

05

 うちの奥さんは珍しい人で、飛行機と特急電車(新幹線など)に乗れるなら、行き先はどこでもいい。2~3か月くらい飛行機にも特急にも乗らないと、禁断症状が現れる。「飛行機(特急)乗せろ病」である。
 今日は、久々の特急(私鉄だけど)なのでウカれている模様。

 東武日光11:19着。悔しかったのでスペーシア先頭車両を。

06

 東武日光駅の駅舎。いやぁ、休日の観光地なんて来るもんじゃない。聞こえてくるのは中国語とハングル語と英語だけだ。

07

 駅で「世界遺産めぐり手形」なるチケットを買う。実態は単なるバス1日乗車券だ。そう、日光一帯は世界遺産に指定されているのである。

08
09

 東照宮へ向かうバスは、観光バスなのに通勤バス並みの混みようだった。

|

« 「メガネメガネ……」 | トップページ | 日光 行② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「メガネメガネ……」 | トップページ | 日光 行② »