« 京都 行⑨ | トップページ | 祝迫義郎 展① »

2007/10/16

京都 行⑩

 京都・太秦編、ラストは「変なモノ」。

 オープンセットになんとか大明神と書いてある。

Dsc_0106_320

 定期的に、その大明神が出てくるというので、どうなるか見ていると、まずケムリが噴き出してくる。

Dsc_0108_320

 次に、左の岩の上にサルが出てくる。

Dsc_0109_320

 分からない? んじゃアップで。

Dsc_0111_320

 それからどうなるかというと……ここからは怒濤の連続写真でご覧いただこう。

Dsc_0112_320

Dsc_0113_320

Dsc_0114_320

Dsc_0115_320

Dsc_0116_320

Dsc_0117_320

Dsc_0118_320

Dsc_0119_320

Dsc_0120_320

Dsc_0121_320

Dsc_0122_320

Dsc_0123_320

Dsc_0124_320

Dsc_0125_320

Dsc_0126_320

Dsc_0127_320

Dsc_0128_320

Dsc_0129_320

Dsc_0130_320

Dsc_0131_320

 ……ね? 莫迦でしょ?(笑)

|

« 京都 行⑨ | トップページ | 祝迫義郎 展① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都 行⑨ | トップページ | 祝迫義郎 展① »