« 自虐の詩 | トップページ | スターダスト »

2008/01/12

獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その44「ワフワフ!父ちゃんのメロディ」

 考えてみれば、リオ、ミキ、ゴウは、今のジャン、ラン、レツと同じように、かつてのトライアングルだったわけで、リオの裏切りには人一倍の思いがある。正月気分を吹き飛ばし、「特訓に行く」と一人別行動。訪ねた先は拳聖ミシェル・ペング。ブルーサ・イーの残した必殺の激技・天地転変打(てんちてんべんだ)「理論的に」知る唯一の人物だから。次話にかけてゴウの特訓が始まる。
 一方、ジャンも、父・ダンの激気魂を解放するためスウグを倒すことを決意、単独でスウグのもとへ向かう。残った3人は、スウグの双幻士コウ(五毒拳ブラコの弟)に応戦。まぁ、そっちはどうでもいいや。
 スウグに追い詰められるジャン→逆転し追い詰めるがトドメはさせない→一度は突き放すスウグも攻撃をやめる→端で見ていたロンが業をにやし自らジャンを攻撃→かばったスウグが逆にロンを攻撃。このへんの展開、王道ながら最終回シークエンスに向かってなかなか見せますな。
 ロンには別の目的があるようで、何やらリオを騙してる様子。それはメレが許さないわよ的な?(何云ってんだ?)

 39話から始まっているエンディングのキャラソン7番勝負、本日はメレ。てっきり演歌だと思ったんだがなー。

 監督は前話と同じ諸田敏。脚本は眠れるメインライター横手美智子が薄目を開けた模様。

|

« 自虐の詩 | トップページ | スターダスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自虐の詩 | トップページ | スターダスト »