« 福岡行 | トップページ | 東京白景 08 »

2008/01/04

ULTRASEVEN X Episode7~9

 シネシネ関係はまとめてくけど、本作の場合、最終が3部作になってるんで、その前まで。

Episode7 "YOUR SONG" 地球に持ち込まれた宇宙人同士の争いの話。その片方のエイリアンに、石川紗彩。つまりメビウスんときのミサキちゃんですな。メビウスんときは割と落ち着いた役で、本作でもそこんとこは同様なのだが、何とまぁ、ギター片手に歌うわ踊るわ。違和感かんじるなあ。あんな顔して笑える娘だったんだなー。ミサキちゃんエイリアンと恋仲になったんで、彼女を守るため殉職を装っていた元DEUSエージェントに涼平。龍騎で緑色のメカメカしたやつ(名前忘れた)に変身するモデル出身だが、本作では「小田井涼平」を名乗っている。いつのまに改名したんだか。脚本の林壮太郎は、コスモスとマックスで4話ずつ担当してた人なので(メビウスでは参加していない)まぁ常連と云っていいんだろう。監督は前話と同じ梶研吾。

Episode8 "BLOOD MESSAGE" なかなか凝った脚本(長谷川圭一)ではあるが、演出(小中和哉)が効果的に失敗している。何故なら、犯人が最初からモロバレだから。「赤いコートの殺人鬼」の正体を追い求める話。背景にいる夫婦に、黒田勇樹と川村ゆきえ。川村ゆきえ、最近よく観るなー。

Episode9 "RED MOON" 2話、4話以来の3度目の登板となる太田愛の脚本。この人らしい、むかーしに遡る話。「白いドレスの女」(笑)が怪物に襲われる事件が起こる。前話が赤で今話が白かよ。しかもあーた、完全に某映画の翻案じゃんか。クレジットには出てなかったなー。百年前の皆既日食を追っていくと、やっぱり同じような事件が起こっていたという……。うーむ。百年前のええとこのお嬢に中村果生莉。いわゆるグラビアアイドルですか。意外とマックスとメビウスにチョイ役で出てたそうな。現代の民俗学の博士役でありながら、実は話全体のカギを握っていたやっぱりな役に高野八誠。ウルトラマンシリーズは2度目か。仮面ライダーシリーズも2度でてるし、こういう役者は多分この人だけだろう。演技はお世辞にも褒められたものではないが。監督はシリーズ構成も担当している八木毅。

|

« 福岡行 | トップページ | 東京白景 08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡行 | トップページ | 東京白景 08 »