« 北海道行③ | トップページ | 北海道行④ »

2008/01/07

仮面ライダー電王+しん王

 今夏やってたけど見逃した「仮面ライダー電王」と「クレヨンしんちゃん」のクロスオーバー作品の再放送がやってたんで、そこの部分だけ観た。

 基本的に主体になってるのは「しんちゃん」側の世界観だが、トイレのドアを開けるとデンライナーに通じてるってのは当然だがなかなか。良太郎くん、ハナちゃん、モモタロス、ナオミ、オーナーといった登場人物(説明してくんないと絵は似てないが)の声は、すべてオリジナルの役者なり声優がアテている。

 しんちゃんの母、みさえがサンダンバライマジン(笑)に憑かれる。「三段腹アタック」などなかなかえげつない技を使い、モモタロスを苦しめる。そこで、良太郎くんが変身する際、デンオウベルトに入り込んだしんちゃんも「しん王」に変身する。ぷりぷりざえもん(『しんちゃん』内のキャラクター。どうみてもブタ。声をアテていたのが故・塩沢兼人だったためか、声を出さない)そっくりの「伝説のイマジン」に憑かれた「しん王」は、なかなか懐かしい技(ダブルタイフーン)を使ってくれる。どうも制作者サイドにV3フリークがいるらしい。敵役に飛びかかる「しん王」は「父よ母よ妹よ」と叫ぶのだ(笑)

 最後は電王のラストと同様、画面を時計にみたてて回転させるという凝りよう。惜しむらくはSEもあわせてほしかったが、BGMまで揃えたところまででよしとしよう。オーナーはちゃんと「世界の車窓から」やってたし。

 なんだ、本編よりよほど面白いじゃねーか。

|

« 北海道行③ | トップページ | 北海道行④ »

コメント

今さらですが、ぶりぶりざえもんですよー

投稿: | 2011/04/27 05:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道行③ | トップページ | 北海道行④ »