« おせち | トップページ | ULTRASEVEN X Episode7~9 »

2008/01/04

福岡行

 えーと、ともかくネタが多いので整理しつつアップしてこう。

 1日2回、午前と午後のアップ(これが1日1回になったら通常ペースに戻ったと思ってくれい)。シネシネ関係とそれ以外とに分けて、1本ずつのアップにしてく予定。ただしシネシネ関係、特にTVものは、サボッてた時期が長すぎたので多少まとめてアップしてく。

 ……こんなハードル上げて大丈夫か?

 さて、まず「それ以外」関係だが、時期順にいこう。

 遡ること旧臘18~19日、福岡は久留米に行ってきた(もちろん仕事)。

 例によって仕事の内容は書けないが、なんつーか、ほとんど仕事らしい仕事をしとらん。実働1時間もなかったんじゃないか。正直云ってメインの目的は、その仕事で会った人と呑むこと(笑) 実はこの人物とは、2~3週間前に東京で呑んでいて、その席で決まった仕事が今回の福岡行というわけだ。
 でも実働時間こそ短かったが、拘束時間は長かった。だって自宅を出たのが午前中で、現地に着いたのが16:30だぜ? それもそのはず、行った先は福岡といっても博多ではなく(経由したけど)、久留米だったから。

 羽田から飛行機に乗……ろうと思ったら、例によって金属探知機に引っかかる。いや、ちゃんとカナモノは全部はずして通ったのよ? そしたらさー、
「中にノートパソコンが入ってますね?」
「そりゃまぁ」
「出してください」
「ここで!?」
「そうです。ここで」
 くそー。こんなとこで屋台を広げることになろうとは…。

 飛行機で一路、福岡へ。そっから地下鉄で博多……を通り過ぎ、天神へ。西鉄に乗り換える。そう、向かう先はJR久留米ではなく、西鉄久留米なのだ。ロハの「特急」(こういう名称だけど、別に特急券が必要なわけではない)で西鉄久留米に着。「駅から徒歩5分」のワシントンプラザに予約を入れてあったんだが、これが駅前から見えやしない。駅構内の地図にも載っていない(後で分かったが、新しいホテルなんで載ってないんだそうだ)。ようやく探しあててチェックイン。荷物を軽くしてタクシーに乗り込み、目的地へ。

 福岡っつーところは、ベンチャー企業の育成に力を入れてるんだそうで、久留米の「百年公園」(デカい運動場みたいなとこ)のなかに理系ベンチャー企業が入居する施設がある。そのなかの1つが目的地。ある会社の社長さんと1時間ほど仕事。社長さんったって、オレと大して齢が違わない。
 早々にきりあげ、近所の居酒屋へ(にしちゃあ、妙にこぎれいなとこだったが)。

 2軒目は久留米駅前の呑み屋街。社長いきつけのクラブだかバーだかスナックだかに連れていかれる。

 驚いたね。

 キャパは……そうだなあ、20人くらいだけど、座席の数がそれだけだっつーだけで、広いホールになってる。女の子の数が10人前後。みんな若い。だいたい20代前半くらい。東京で云うと、ちょっとトウのたったキャバクラを連想してくれればいい。そんで2時間いて、1人4,500円だって(もちろん社長のオゴリである。申し訳ない)。東京だったら、確実に2万円弱はいってるよ。地方との格差ってのはこういうことを云うのかね?
 もっとも、ついてくれた女の子は確かに若かったが、何を喋ってんだか半分も分からなかった。方言がキツくて意味不明。

 近所のラーメン屋は定番コースだな。これがかの有名な久留米ラーメンだそうだが、要するに長浜ラーメンと区別がつかん。まぁ好きな味ではあるんだが。とんこつなのにサッパリめ。「文化街」という通りにあるズバリ「久留米屋」という店。行ってみそ。

 ホテルに帰って一泊。朝食だけとってから再び空港へ。今回、仕事で使うのにデカいカメラもってったくせに、ここに載せるようなのは撮ってなかったよ。空港のレストランから携帯で(笑)撮ったやつだけアップしとこっと。

Fukuoka

 往きで学習してるので、最初からパソを別に出しておいて金属探知機をくぐる。ディパーチャー・インフォメーションがかかって、やれやれとゲートをくぐろうとすると、グランド・アテンダントに呼び止められる。
「お客さま。そのお荷物は機内には持ち込めません」
「なんで?」
「大きさが若干大きいようなので」
「……往きも御社の飛行機だったけど、くぐったよ?」
「誠に申し訳ございません」
 (え? 往きの話には触れないの?)
「どうしろと?」
「こちらでお預かりしますので」
「この場でバッケージにまわすの?」
「はい」(←すでに荷物タグの書類を書き始めている)
「やれやれ」
「なかにパソコンなどは入っていませんか?」
「入ってますけど?」
「でしたらこちらにサインを」
「あー何のサイン?」
「もちろんお荷物は丁重に扱わせていただきますが、万が一何かあった場合、当社では責任を負いかねますので」
「はぁ?」
「サインを」
「アホか。そんなもんにサインするわけねーだろ」
「でしたらパソコンのほうを取り出していただかなければなりません」
「取り出してどうする?」
「お客さまご自身が機内にお持ちになられて…」
「キミ、莫迦じゃないの? これごと機内に持ち込もうとしたら遮ったのはあなただよ? しかも往きでは止められなかった」
「誠に申し訳ございません」
「返事になってないよ。この場でもっとゴネようか?」
「いえ、あの……誠に申し訳ございません」

 ラチがあかないので、荷物からノートパソだけ取り出し(やれやれ、結局また屋台を広げることになってしまった)、ゲートをくぐった。

 羽田にて。

 割と早めに預けたバッゲージを回収できた。中身を確認してノートパソを入れ、タグを引きちぎって捨て……ようと思ったら、どうやら出入り口んとこでタグを回収してる雰囲気。仕方なくゴミ箱からタグを回収。係員にタグを預けて出ようとした瞬間――

「OKです」

 福岡でモメたことは伝わってたんだろうな(後からなのでタグの色で分かる)。クレームを云いそうな客が無事通過したんで報告してやがる。これでオレはキレた。

「てめぇふざけてんのか」

 以下略(笑)

|

« おせち | トップページ | ULTRASEVEN X Episode7~9 »

コメント

 屋台がズラーっと並んでるのは博多ですな。久留米の呑み屋街は、ちょうど新宿のションベン横町みたいな感じ。

 静岡は3,000円かあ。やっぱ場所によるんだろうなあ。いや、トウがたっていようがいまいが、どうせそういう店には仕事でしか行かないから不問なのよ。大体カネ払って店の女の子に呑ませるなんてもってのほか。なら自分で呑むわい(笑)

投稿: Smith | 2008/02/09 15:16

飛行機乗るのも大変だねぇ。
会話はかみ合わないし。。。

福岡は修学旅行以外で1回行ったけど、屋台がずらーっと並ぶ、、あれは博多か??
食べものはどれも美味しかった記憶がありまふ。
クラブのねーちゃん料金はここいらだと3000円だってさー。
もちろん、トウの立ってるのもいればギャルもいるけど、レベルは低いとの話。
地域だよねー

投稿: やっぴゃん | 2008/01/07 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おせち | トップページ | ULTRASEVEN X Episode7~9 »