« 仮面ライダーキバ | トップページ | ロイ・シャイダー逝く »

2008/02/11

獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その47「ピカピカ!俺の道」

 全ての黒幕はロン。連れ去られたメレを救出するため臨獣殿へ向かおうとするゲキレンチームだったが、ひとりリオだけは落ち込んでるため戦線離脱。説得はジャンに任せ、残る4人は臨獣殿へ向かう。

 大事な家族を奪われたロンに、「愛する」メレまでも奪われていいのか。
「リオにはリオだけのピカピカがあるんだ」

 前話でクウガっぽいって書いたけど、雪山で殴り合いって、まんまクウガやん! 思わず一条さんの姿を探しちゃったぜ。やっぱ(正真正銘)巨匠である荒川稔久だけのことはある。監督は前話に引き続き(デカレン最終回を撮ったというだけで)巨匠の竹本昇。

 自らの「道(タオ by 水木一郎)」を取り戻したリオ。ジャンとともに臨獣殿へ駆けつける。
「リオさま、どうして……」
「オレに理由を言えというのか」
 いやーーーーーー♪♪♪♪♪♪♪

 なんかよかったなあ。うんうん。
 どうもオレは子供やら動物やら老人やらが絡むと泣けるけど、男女の恋愛話には泣けないとこがあるんだが、これにはウルッときちゃったぜ。子ども向け番組でやられるから、違和感とも相まってキちゃうんだろうなあ。ドサクサまぎれに京都編の夫婦善哉を持ち出したり、リオのモフモフの端っこを握ってるメレがいいなあ。

 リオとメレは「自らの意志で」幻気を放出。7人組となったゲキレンの前にロンなど敵でなく、激気退散、じゃなかった、邪気退散。

 これで終わってりゃメデタシメデタシなのに、まだ2話もあんのかよ~。しかもサンヨ、生きてたよ。ラスキャラっぽくないぞ?

|

« 仮面ライダーキバ | トップページ | ロイ・シャイダー逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仮面ライダーキバ | トップページ | ロイ・シャイダー逝く »