« クローバーフィールド HAKAISHA | トップページ | CHERRY BLOSSOM »

2008/06/11

少林少女

 たぶん有楽町で観たんだと思う。

 一言で云うと、「邦画が盛り返してきたことの罪を体現した作品」。

 チャウ・シンチーが製作総指揮に名を連ね、監督が本広克行で、主演の柴咲コウが頑張っちゃうラクロスの映画、と聞けば、タイトルもタイトルなだけに、「少林サッカー」のラクロス版を想像するじゃないか。ところが出来あがってきたのは、中途半端な「死亡遊戯」だった。
 どんな商売でもそうだが、客のニーズを汲むのは当然。裏切れば評価が下がるのも当然だ。特撮やら格闘技やらがすごいと云われるが、そんなものは物語の稚拙さの前には無力だ。ことに「つかみ」ができていないのと、クライマックスの終わらせ方が最悪。

 ラクロス部の部員に、観たような顔が散見できる。そんなとこにでも注目しないと観てられないのも特徴か。例えば山崎真実(轟轟戦隊ボウケンジャー/風のシズカ)、乙黒えり(超星神グランセイザー/ルカ、全然関係ないが、横浜の米穀販売企業社長の同級生の娘さんだということを最近知った)、蒲生麻由(仮面ライダー響鬼/立花香須実)、沢井美優(美少女戦士セーラームーン/月野うさぎ)、柳沢なな(仮面ライダーキバ/麻生恵)、満島ひかり(ウルトラマンマックス/エリー)といったあたり。役者の下の名前と役名の下の名前が一致しているあたりにもやっつけ感が。

|

« クローバーフィールド HAKAISHA | トップページ | CHERRY BLOSSOM »

コメント

見たよ~happy02
「少林サッカー」「カンフーハッスル」を見たら期待しちゃうよね?
タイムリーな事に公開日の前日の夜にテレビで「カンフーハッスル」が放送されて、大笑いしたからなぁ。

このラクロスの撮影場所って私の住んでる市内であったんだよ。pig
マックでランチしてたら壁に「エキストラ募集」の張り紙があってさ、大人は格闘技が出来る男性、子供は不問ってあったから、息子を連れていこうかと思ってたww
でも、撮影が平日の夜だったのでやめたけどcatface

内容は期待してたものではなかったな~ラストシーンには別な意味で笑っちゃったくらいよsmile

投稿: やっぴゃん | 2008/06/16 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クローバーフィールド HAKAISHA | トップページ | CHERRY BLOSSOM »