« 逆ギレ復活 | トップページ | クライマーズ・ハイ »

2008/10/14

ザ・マジック・アワー

 もう、いつ・どこで観たかなんて憶えちゃいないよ。ともかく劇場で鑑賞。それも封切られてかなり経ってからだったはず。

 期待度と満足度は反比例する。だから、毎回ハズレのない作品を撮る監督だからといって、あんま期待しないほうがいい。そりゃ分かってんだが、ついつい期待しちゃうのも人間ってもんだろう。
 いや、今回の場合、決してつまんなくはないよ? ないんだけど、前作にあった、あの小気味いいまでのテンポが失われちゃってんだよねー。なんだろ。最初の1時間ほどは、ほんとにキツかった。説明せにゃならんから仕方ないのは分かるんだが、どうにも眠かったなー。佐藤浩一が本格的に乗り込んできてからはノレたけど、それまでが苦しかった。

 舞台は守加護(すかご)。シカゴの東北訛り? マフィアのボス西田敏行の愛人・深津絵里に手を出した妻夫木聡、殺されそうになったため、口からでまかせで伝説の殺し屋、デラ富樫と知り合いだと口走ってしまう。すると交換条件でデラ富樫を連れてくることに。伝説の殺し屋は伝説だけに、そう簡単に見つかるものじゃない。苦肉の策として、売れない俳優・佐藤浩市を代役にたてようとする。

 妻夫木聡が支配人を務めるクラブの従業員・綾瀬はるかが、冒頭のほうで「まるで映画のセットみたい」と云った通り、舞台となった守加護の街は東宝撮影所内に作られたオールセット。そこまでカネかけられるんだから、もうちょっとテンポよく……は、まぁいいや。
 相変わらずではあるのだが、キャスティングは抜群。ただし妻夫木聡を除く。あんなに芝居へたくそだったっけ? 佐藤浩市のへたくそなフリの芝居よりもへたくそだぞ。安定感のある深津絵里は云うに及ばず、今回なにより西田敏行がいい。ちゃんと抑えた演技できんじゃん(監督の指示で、アドリブ禁止だったんだそうな。最後のカットだけアドリブ解禁になったもんだから、まぁ出るわ出るわ。なんだ『中華いこう。中華』って)。その他、脇役に至るまでともかく芸達者。妻夫木聡を除いては(しつこい?)。毎度ながら寺島進はいいなぁ。

 冒頭のほうで劇中劇が3本ほど出てくる。最初に佐藤浩市が中井貴一の吹き替えやってたのは「黒い101人の女」。わっはっはっは。市川崑「黒い十人の女」のパロディなのは云うまでもない。なんせほんとに次から次へと女が出てくるのだ。これを劇中で監督してるのが市川崑その人。なるほどね。出演作としては、これが市川崑の遺作となってしまった。
 もう一本は唐沢寿明が本人そのままの怪気炎を吐く「実録・無法地帯」。最後の一本は本作のなかで重要なポジションにある劇中映画「暗黒街の用心棒」。これ、どう観ても「カサブランカ」なんだよね。してみると谷原章介がボギーで鈴木京香がバーグマンか? にあわねぇな。ワンチャイ(寺脇康文)にあたるのは誰になるんだろ? ピーター・ローレかクロード・レインズか。ドゥーリー・ウィルソンってことはなかろう。話的にはポール・ヘンリードなんだが。

|

« 逆ギレ復活 | トップページ | クライマーズ・ハイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 逆ギレ復活 | トップページ | クライマーズ・ハイ »