« アメリカン・ギャングスター | トップページ | 容疑者Xの献身 »

2008/11/16

スペース・カウボーイ

 CS「ムービー・プラス」を録画して鑑賞。

 イーストウッドが監督・主演。ロートル宇宙飛行士たちをかき集め、シャトルに乗ってロシアの人工衛星を修理しに行く話。普通。すげー普通。こういうのってメインキャストの1人を殺すのが一番手っ取り早いお涙頂戴になるのだが、案の定やっちまってたよ。そこを避けるのがプロってもんでしょうがね。まぁオレはあんま監督としてのイーストウッドの力量には昔から感心してなかったが。唯一の例外が「バード」か。

 こんなものやるくらいなら、スタローンを見習って「ダーティ・ハリー6」をやってくれたほうがナンボかマシだったぞ。

 ……いや、嘘です。やらないでください。だってあのシリーズ、1作目を頂点に凋落の一途を辿っ……。

|

« アメリカン・ギャングスター | トップページ | 容疑者Xの献身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカン・ギャングスター | トップページ | 容疑者Xの献身 »