« 容疑者Xの献身 | トップページ | スマン »

2008/11/18

イーグル・アイ

 11月9日、丸の内ピカデリー(マリオン)にて鑑賞。原題も同じく「Eagle Eye」。

 台湾で予告編を見た。タイトルがまんま「鷹目」だった。……あれ? イーグルって鷲なんじゃあ……? 鷹ってホークだよな。じゃあファルコンって何だっけ? じゃあタイトルをホークアイにしたら……どっかで聴いたような名前になってしまうから避けたのか? まぁいいや。

 内容を一言で云うと「おっきなHAL」の話。以上、それだけ。サスペンスフルな展開な認めるが、発想が貧困なのと、何やってんのか分かんないカメラワーク(特にカーチェイス)にウンザリさせられる。

 「トランスフォーマー」以降、火がついた感のあるシャイア・ラバフであるが、スピルバーグは何がよくてあの若造を使い続けるのか不明。その他、キャスティングにはあんまコメントすべき要素が見あたらない。

 齢なのかなあ。こういう作品みるの疲れてきた。

|

« 容疑者Xの献身 | トップページ | スマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 容疑者Xの献身 | トップページ | スマン »