« まぼろしの邪馬台国 | トップページ | 流星の絆 »

2009/05/17

ブラッディ・マンデイ

 去年の4クール目(10~12月期)で生き残った2つのドラマのうちの1つ。最近オレにしては珍しく、2つともTBS系だった。

 龍門諒・恵広史による週刊少年マガジン連載の同名作品が原作。オレは未見だが完結したわけでなく今夏から連載が再開されるそうな。

 話の展開は非常に緻密。原作はともかく、脚本家が2人いる故か。1人は渡辺雄介(『20世紀少年』に参加している)なので論外として、もう1人は蒔田光治(『トリック』)なので安心感がある。

 ウィルス「ブラッディX」をめぐるテロリストと警察庁(原作では公安調査庁)の内部組織「サード・アイ」との戦いの話。主人公は高校生の天才ハッカーというのがいかにもマンガだし、出てくるセットが「24」のパクリじゃねぇかという感じもあるが、まぁそこそこ楽しめた。少なくとも「いつ録画をやめようか」と考えていたオレを結局最後まで引きつけたのだから大したもんだ。忙しかったのに。全く。

 主役の三浦春馬はダイコンである。どうかすると親友役の佐藤健のほうが達者なくらい。吉瀬美智子の妖艶さがいいが、このとき33~34歳くらいだろ? 末恐ろしい女だな。

|

« まぼろしの邪馬台国 | トップページ | 流星の絆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/45772658

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッディ・マンデイ:

« まぼろしの邪馬台国 | トップページ | 流星の絆 »