« 真夏のオリオン | トップページ | 劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー »

2009/07/29

トランスフォーマー リベンジ

 7月11日、有楽町にて鑑賞。

 いや、あのー。うーん。おもしろいんだよ。普通に。普通に面白い。おもしろいんだけどね…。

 1作目の「意外性」という手段はもう使えない。そこでいかにエンターテイメントを維持していくか、なのだが――いや、すげーよ。相変わらず。観てるだけで楽しいもん。どこをどうしたもんだからガチャンガチャン車が変形すんのって観てるだけで楽しい。前作と同じようにくんずほぐれつしてると一体なにやってんだか分かんなくなっちゃう点も、逆にすごいし。
 ただねぇ…一言で云うと、「長い」! 147分って、そりゃないでしょってくらい長い。確かに2作目なんで気張っちゃって、めちゃくちゃ複雑な設定を持ち込んで、それ説明すんの大変ってのは分かるんだけどさ。もぉめんどくさいんで設定には触れないけど(もう忘れちゃったし)。それと後半の戦闘シーンなんて、もうトランスフォーマー関係ねぇの。テーマは「強いぞアメリカ軍」だかんね。マイケル・ベイって、アメリカ軍に一番好かれてる監督じゃないかな。やたらと協力してくれる。理由は「一番アメリカ軍を恰好よく撮ってくれる監督だから」(本人談。ほんとよ)。

 脚本は前作のアレックス・カーツマンとロベルト・オーチーに、アーレン・クルーガーが加わった(前作ではジョン・ロジャース)。撮影はルーカス・エリントンからベン・セレシンに交代。まぁ誰が撮ってもマイケル・ベイのシャシンではあるのだが。
 主役は前作に続きシャイア・ラバフ。前作からのミーガン・フォックスとか、それから本作のみのイザベル・ルーカスとか、こういういかにもヤンキー娘ってマイケル・ベイの趣味なんだろうなあ。オレはちょい食傷気味。前作のジョン・タトゥーロが再登場したのには驚かされた。それも結構いい役でやんの。陸軍の2人、ジョシュ・デュアメルとタイリース・ギブソンは続投。ちなみにデュアメルはファーギーのダンナ(今年結婚)。ギブソンは歌手としてのほうが有名か。グレン・モーシャワーも登場するが、前作とは違う役らしい。似てるけど。

|

« 真夏のオリオン | トップページ | 劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/45772590

この記事へのトラックバック一覧です: トランスフォーマー リベンジ:

« 真夏のオリオン | トップページ | 劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー »