« トランスフォーマー リベンジ | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦 »

2009/08/09

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー

 8日、すなわちロードショー初日に有楽町はTOEIにて鑑賞。

 先に言い訳しておくと、別に観たくて初日に観たわけじゃない。スケジュール的にどうにもならず、そうなっただけのことだ。それからTOEIも行きたくて行ったわけじゃない。あんな喫煙者に不親切な劇場に誰が好きこのんで行くものか。前売り券が限定だっただけのことだ。東映とくに特撮系の前売りは二度と購入すまい。

 つまり結論から云うとヒドかったわけだ。

 確かに昭和ライダーの頃、スペシャル版や劇場版で過去ライダーが出てきて「全員集合」などと銘打たれるたびに心躍らせたものだ。しかし、それらはあくまで、「彼らがそこにいた」からではなかったか。
 ましてや本作の場合、ほとんど人間体(変身前)を登場させる必要がない構成になっている。ならばスーツアクションにアテる声くらいは、「本物」を起用してはもらえなかったものか。もちろん旧作のなかには、もはや奇跡に入られた方も数多い。そこは録音を使ったっていっこうに構わないではないか。パラレルワールドを持ち出して全く異なる造形とキャスティングで再構成するという冒涜をやってのけたのなら、録音の使用など何ほどのものか。

 監督の金田治はともかく、脚本が米村正二。この人は基本的にストーリテリングの才能がない。ちなみに平成ライダーシリーズへの脚本参加は「響鬼の第38~39話」からである。はぁ~。
 何しろ話がメタメタ。仮面ライダーなのか戦隊なのか不明。1人のキャラクターが行動に至る心理的要因をまったく伝えられておらず、ほとんど登場人物すべてが精神分裂を起こしているとしか思えない。「大ショッカー」っていう割にはショボいし。出てくる役者がフザけてるし。

 総体に非常に不愉快な作品となっている。

 オレ、そろそろ平成ライダー(TVシリーズ)、観るのやめようかな。この幻滅が続かないうちに。

 あ、ちなみに以下は「初日特典」だとさ。いらんがな。

Hi3e0012

Hi3e0013

Hi3e0014

|

« トランスフォーマー リベンジ | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/45878528

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー:

« トランスフォーマー リベンジ | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦 »