« かぞくのひけつ | トップページ | スカイ・クロラ »

2009/10/05

アヒルと鴨のコインロッカー

 CSにて鑑賞。

 またもや日本映画。またもや伊坂幸太郎原作。またもや復讐譚。そしてまたもや効果的な失敗である。

 ツル(濱田岳)が主演と聞いて行きたかったのだが、残念ながら実現せず、後にCSで冒頭だけ観たのだが、あまりのつまらなさに途中でくじけてしまった。知り合いに「最後まで観れば絶対おもしろいから」と説得され、ようやくたどり着いたのが本作である。が、残念ながらおもしろいという感想には至っていない。

 ひょっとすると原作は面白いのかもしれないが、残念ながら未見。これね、話そのものにトリックがあるので、ちょっと書けないの。そこの面白さを出したかったんだろうが、どうにもね。んでもって、これまた、復讐礼賛とまではいかないまでも、それに近いような括り方をしちゃってるんで、そこが引っかかっちゃうんだよな。

 キャスティングというか役名を書くだけでもネタバレになっちゃうんで、出演者だけ記すと、ツル以外に瑛太、松田龍平、大塚寧々、関めぐみ、田村圭生といった面々。すげーチョイ役で平田薫(マジレンの山﨑さん)が出てきたのには驚いた。監督・脚本は中村義洋(『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』など)。やっぱりかあ。チミには荷が重かったかあ。

|

« かぞくのひけつ | トップページ | スカイ・クロラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/46268597

この記事へのトラックバック一覧です: アヒルと鴨のコインロッカー:

« かぞくのひけつ | トップページ | スカイ・クロラ »