« 整理します | トップページ | ロボジー »

2012/02/07

台湾行⑦

 というわけで2年前ネタから。いや、もう丸3年以上前になってしまうか。毎度お馴染み台湾である。といっても2009年。もう憶えてるわけないだろ。

 仕事のこと書いてもしょがないので、ひどく印象に残ってることを2つだけ。

 例によって台湾の役人、C氏の誘いで、同業他社N氏とともに6泊7日の台湾行に赴いたわけだが、仕事のメインは台湾ほぼ最南端の屏東縣(縣は都道府県の意)。6泊7日の間、いったん台中で仕事をこなし、台北で1泊、翌日台北で仕事をこなし、再び屏東に戻るという行程がある。これもここ数年同じ。

 で、その台北で1泊した際のこと。台北市内でC氏、N氏とともに夕食。その後、ホテルに戻る前に、C氏に誘われた。何でも、自分と同級生が指揮者を務めているオーケストラが今夜、台北市内の劇場で公演するので、一緒に観に行こうというのだ。
 オレは(N氏も)内心「えークラシックかよー。寝そうだなあ」と思っていたのだが、結論から云うと、少なくともオレは一睡もできなかった。

 何せ曲目が、スターウォーズ、スーパーマン、未知との遭遇、ET、ジュラシックパークと、ジョン・ウィリアムス特集だったから。休憩を挟んで、指揮者が西洋人に交代。その西洋人、指揮者のくせにMCを始めやがった。もちろん英語で。オレに分かるわけがないが、分かってしまった。

「Space......The Final Frontier.......」

 云うまでもなくスタートレックの冒頭ナレーションだ。そこから始まったのは、最初のTVシリーズ「宇宙大作戦」のオープニング、映画版スタートレック第1作のテーマ、TVシリーズ「新スタートレック」のオープニング、ディープ・スペース・ナイン、ヴォイジャー……。

 ちょうどこの頃、CSでDS9に熱中していたオレとしては、実に堪能した。

 その翌日、夕刻。台北での仕事を終えた我々は、新幹線に乗って、一路屏東(正確にはその直前の高雄)をめざす――はずだった。ところがその日は、中秋の名月だった。
 中秋の名月は、台湾では重要な休日なのだそうだ。日本で云えばお盆休みみたいなもん。つまりこの日は、帰省ラッシュの真っ最中。たかをくくっていたC氏だったが、新幹線のチケットがとれない事態となり、慌て始めた。いつぞやのように国家権力を使っても、どうにもならない。何せ全席埋まってるんだから。台湾に新幹線が開通して2年目、初めての中秋の名月なので、誰もこんな事態を予想していない。慌てに慌て、バタバタ台北駅の構内を走り回ったあげく、ようやくキャンセル待ちのチケットを国家権力で最優先奪取。無事、我々は屏東に辿り着くことができた。
 ホテルに荷物を置いたN氏とオレは、やれやれとばかり、近所の夜市へ夕食をとりに出かけたのだが、そこで驚かされた。夜市が機能していない。どこもかしこも店がやっていない。これまた中秋の名月の余波というわけだ。

 翌年以降、旅程から中秋の名月だけは削除するという智慧がついたのだけはありがたかったが。

|

« 整理します | トップページ | ロボジー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/53900016

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾行⑦:

« 整理します | トップページ | ロボジー »