« となり町戦争 | トップページ | 2010年1~3月期の地上波ドラマ »

2012/03/22

特命戦隊ゴーバスターズ Mission4「特命と決意」

 遡り篇。っていうか今。先週のだから、これでギリギリ追いついた?

 あれ? 4話目にして演出が中澤祥次郎に変わった。脚本が小林靖子のままなのはメインライターだからいいとしても。つまり1話目がパイロット版的な存在で、2話目から本チャンってことか(戦隊シリーズは、だいたい2話ずつスタッフが入れ替わるローテーション)。ということは、今回が第2ローテーション。にもかかわらず、まだ設定話やってる気がする。そうそう。そうだよな。小林靖子って、こういうふうに小出しにしてくのな。どうもコバヤシとかイノウエとかいうやつは…。

 司令官の黒木は、亜空間に飛ばされた研究所職員の救出は半ば諦めており、あくまでメサイアのシャットダウンが目的とキッパリ。それで落ち込むかとリュウジあたりはヤキモキしているのだが、ヒロムはケロッとしたもの。何故なら全く諦めていないから。ヨーコに問いかけられたリュウジは、実は彼自身、半ば諦めかけていたことを告白する。何故なら「亜空間から無事に転送された人間はいない」との説明を受けたから。しかしヒロムは「オレたち3人は大丈夫だった」「それは…ワクチンプログラムがあったから」「なら研究所の人たちだって、ワクチンプログラムを使ってたっておかしくない」。ヒロムはただ一点、そこにかけていたわけだ。

 亜空間からやってきたメサイアのアバター、エンターが、エネトロン貯蔵施設の近くで何かそこらの物(ここまでの例だとシャベルカー、ガスバーナー、ピザカッター)にメタウィルスを埋め込むことで、メタロイドを作り出す。同時にメタウィルスが埋め込まれた物のデータが亜空間に送られ、それに見合ったメガゾード(巨大ロボット)が生成される。メガゾードは亜空間から徐々に転送されてくる。それまでの間にゴーバスターズたちはメタロイドを倒し、できればメガゾードを迎え撃つ準備をしておきたい、という設定、らしい。こんなの子どもに分かるんかいなという疑問は置いといて、今回はその転送の仕組みの話がメイン。
 メガゾードがエネトロン貯蔵施設の近くに転送されてくるのは、あらかじめエンターがマーカーを置いておくから。ならばマーカーさえあれば、逆にゴーバスターズたちが亜空間に転送してメサイアをシャットダウンし、研究所の人たちを救出することもできるはず。ヒロムは亜空間への奇襲を提案するが、そもそもそのマーカーを誰がどう置いてくるのか、という話になる。また転送先は、そのマーカーから3kmほどズレることが、これまでのパターンで判明した。エンターは今回、その誤差を利用する。メタロイドが襲ったエネトロン貯蔵施設はオトリであり、そのすぐ近くにある別の施設をメガゾードに襲わせる。

 以前の戦隊シリーズだと、怪人が巨大化してロボットと戦うのが普通。したがって着ぐるみは1つ作ればよかったのだが、本作は違う。メタロイドとメガゾードは、同じ素材データから出てきていながら、姿形は全く異なる。つまり最低でも1話で2体の着ぐるみを作らなければならない。まぁカネかかってること。
 しかも(知らなかったのだが)メガゾードには「α」や「β」といったタイプがあって、今回登場したのは新型「γ」(違いなんて訊くなよ? オレだって知らないんだから)。故にヒロムは苦戦するわけだ。しかし、そんなこと、画面からは全く把握できん。どうなっとるんだ、小林靖子?

 マーカーを埋め込むため、黒木司令官が云わばゴーバスターズたちをオトリに使っていたことが判明。リュウジが激高して殴りかかろうとするが、意外にも止めに入ったのはヒロム。「安心しましたよ。司令官が本気だって分かって」。
 それはいいんだけど、なんかリュウジがマヌケっぽい。予告みると、次はそのリュウジ話っぽい。このへんが小林靖子脚本のジレッたいとこだな。
 先に云っとくがヨーコ話のときは脚本を荒川稔久に交代すること。絶対だかんな!(今回のライター陣に荒川稔久の名前はない)。

 冒頭、黒木司令官がバスターマシンの戦力増強云々を口にしていたのだが、つまりそれが3体合体ってこと? だとするとGWに新オモチャをぶつけるつもりなんだろうから、合体まであと4話くらいあるってことになるぞ?

|

« となり町戦争 | トップページ | 2010年1~3月期の地上波ドラマ »

コメント

なんか偉くお金がかかった凄いシーンが多いですよね。
変身シーンに今のところバンク映像使ってないし、そもそも人間サイズの怪人が巨大化、っていうんじゃないし。

なかなかおもしろい。

メンバーの名前のパターンはわからないんですけど、チダ・ニック(チーター/肉)、ゴリサキ・バナナ(ゴリラ/バナナ)、ウサダ・レタス(ウサギ/レタス)っていうのもわかりやすいし、バスターマシンのコードネームもよーく考えたら

CB-01チーター→チーター/バイク(CB)
GT-02ゴリラ→ゴリラ/トラック(GT)
RH-03ラビット→ラビット/ヘリ(RH)

なのね。

リュウジ君が熱暴走する話は、職業的にいや~ん、こわ~い、でした。
データセンタとかの温風路、冷風路とか気流に気をつけて熱だまりを作らないようにしないと熱暴走があああ!

投稿: MO | 2012/03/28 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/54251843

この記事へのトラックバック一覧です: 特命戦隊ゴーバスターズ Mission4「特命と決意」:

« となり町戦争 | トップページ | 2010年1~3月期の地上波ドラマ »