« 2010年1~3月期の地上波ドラマ | トップページ | 転々 »

2012/03/24

SP THE MOTION PICTURE

 遡り篇。っていうか、今。あ、ちょっと前だけど。今年の2月かな。CSで観たの。「野望篇」と「革命篇」まとめて「A+」。昨今の日本のアクション映画としては文句のつけようがない。

 金城一紀の脚本というか全体の構成に驚かされたのは、以前のTVシリーズをきちんと踏襲していること。以前のTVシリーズは全9話からなっていて、1話目がEpisodeⅠ、2~4話がEpisodeⅡ、5~7話がEpisodeⅢ、8話目がEpisodeφ、9話目がEpisodeⅣとなっていた。本作は「野望篇」がEpisodeⅤ、「革命篇」がEpisodeⅥ(Final Episode)という位置づけ。きれいにつながっているのだ。しかも本作はTVシリーズと全く同じエンディング(V6『way of life』)を用意。このあたり徹底している。ところが映画版となると、ボリュームそのもんはスケールアップしている。つまり「TVシリーズの映画化」の王道をいったのが本作と云える。

 話は、あまりにも有名なので触れない。「革命篇」のときの国会議事堂内部は、素晴らしい出来映えだった。

|

« 2010年1~3月期の地上波ドラマ | トップページ | 転々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/54197641

この記事へのトラックバック一覧です: SP THE MOTION PICTURE:

« 2010年1~3月期の地上波ドラマ | トップページ | 転々 »