« MONSTER | トップページ | 曲がれ! スプーン »

2012/04/04

知床 行 ②

 遡り篇。去年1月30~31日の知床行。初日の夕刻。

 例のオシンコシンの滝の逆側、海岸沿いに目を転じると、見えてきましたよ。流氷が。

01_2

02_2

03_2

04_2

 あ~惜しい。これだけ枚数を重ねてもちっとも伝わらないな。迫力が。結構すげー景色だったのに。何でもこの年は、流氷の当り年なんだそうです。色が赤く見えるのは、もう夕方だからですな。その証拠に、ほれ。

05_2

06_2

07_2

 夕陽が少しずつ沈んでくの分かる? 分かんねえか。

 バスは一路、ホテルをめざすわけですが、このあたり一帯はいろいろホテルがあるらしく、その1つ1つに止まるたんびに同行の客が降りていく。我々は一番最後。気がつけば海岸線を大きく離れ、こーんな山んなかにいたわさ。

08_2

 んでホテルなんだが、さすがに大浴場とかはよかったのよ。
 ところがね。食い物がなんとも…。一応、「居酒屋」ってのと「ラーメン屋」っていう2つの暖簾があって、奥さんと二人、「居酒屋」の暖簾をくぐってみたら、中でつながってやんの。単なる宴会場じゃん。しかもメニューが少ない! 1品くらいビールのつまみに喰ってみたんだが、これがイマイチ。結局ラーメンしかないかという話になって頼んでみたんだが、これまたイマイチ…。流氷だけで商売しちゃいかんよチミ。

 気を取り直して翌日。再びバス。その車内から観た流氷ふたたび。

09_2

10_2

11_2

 伝わんねえか。伝わんねえよなあ。朝になると流氷がとけて、かなり崩れてたんだよ。うーむ。

 以下、次回。

|

« MONSTER | トップページ | 曲がれ! スプーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知床 行 ②:

« MONSTER | トップページ | 曲がれ! スプーン »