« 誰も守ってくれない | トップページ | 2010年7~9月期の地上波ドラマ »

2012/05/26

非公認戦隊アキバレンジャー 第4話「禁じられた妄想は青い背徳の痛み」

 現在篇。邪団法人ステマ乙の係長は「門前仲町ハシビロコウ」。ムシ縛りじゃなかったそうな。声のみ黒田崇矢(轟轟戦隊ボウケンジャー、闇のヤイバ)。何ですか、世のなかにはこういう声優さんの声に萌える腐女子ってのがいるそうで、その代表格が前話で「歌舞伎町メスグロヒョウモンチョウ」の声をやった「緑川光」なる人物なんだそうです。名字を英語読みしてグリーンリバー、略してグリリバが腐女子の合い言葉なんだとか。故に前話のアキバイエローは萌え倒れてたわけですな。今回の黒田崇矢も負けず劣らずそういう要素が強い人らしいんですが、アキバイエローとは守備範囲が違うみたいです。

 それより今回の話はコスプレ祭りってことですな。風のシズカ、ウェンディーヌ、地球守備隊のさやか、メレ、スワンさん、ジャンヌ、テトム……あと誰だっけ? なんだかいっぱい出てきたけど、オレには半分も分からんかった。うん。ほんとに。そもそもホンマもんでないコスプレなんて守備範囲外だし。ちなみに今回、「戦隊カフェひみつきち」のメイド、三田こずこずのコスプレは西堀さくら(轟轟戦隊ボウケンジャー)。アキバレッドの名乗り上げは「レー・ネフェルになら踏まれた~い」。またもやパターン壊し。

 戦隊シリーズ王道のパターンを毎回ツッコんでみようシリーズが今回から始まったらしく、第1回は「洗脳&ニセモノ」による寝返りパターン。脚本・香村純子、演出・鈴村展弘は前話と同じ。なのに「荒川脚本みたいな展開」って云わせちゃうあたり…。

 さてヨコミチな話。これだけ戦隊シリーズをセルフパロディで扱う本作なのに、「銀河刑事ギャビアン」なるものが登場したのは何でじゃろ? 同じ東映だしテレ朝なのに。権利関係クリアにならんか?

|

« 誰も守ってくれない | トップページ | 2010年7~9月期の地上波ドラマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/54621851

この記事へのトラックバック一覧です: 非公認戦隊アキバレンジャー 第4話「禁じられた妄想は青い背徳の痛み」:

« 誰も守ってくれない | トップページ | 2010年7~9月期の地上波ドラマ »