« 祝迫義郎展⑤ | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »

2012/06/27

特命戦隊ゴーバスターズ Mission18「地底3000メートルの共同作業」

 前話とセットなので演出は同じく竹本昇だが、脚本はワンポイントリリーフの毛利亘宏。これで3度目の登板。

 地底3,000mのロボ戦、地上のロボ戦、地上のメタロイド戦が同時進行する話。しかし、それはどうでもよくって、要するに異色コンビ篇ってことですな。地底ではヒロム1人だけだけど、地上のロボ戦はリュウジとマジイエロー。残る1つは、ヨーコちゃんと樹液。ヨーコちゃん、まさか本当に樹液を「樹液」って呼ぼうとは…。

 しかし今回は非常に不満である。今期、当サイトが心から応援している2人のうちの1人、戦う中間管理職エンターさんが出てこないのである。前にも一度あったけど、なんだろね? 役者の都合とかかね? マルシーナが(というか番組が)終了目前である今、エンターさんは唯一の希望の星なんだから、ちゃんと出てこにゃいかんよ。うん。

|

« 祝迫義郎展⑤ | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/54919650

この記事へのトラックバック一覧です: 特命戦隊ゴーバスターズ Mission18「地底3000メートルの共同作業」:

« 祝迫義郎展⑤ | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »