« ちょっとズルします | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ Mission12「変装はお好き?」 »

2012/06/11

非公認戦隊アキバレンジャー 第6話「はばたけ大御所!妄想撮影所の痛い罠」

 現在篇。前話といい、何かもう公認さまより面白くなってきた(をい)。

 公認さまでもよくある撮影所話。……て、まさか新堀和男を出すとは思わなんだ。新堀和男とは、今やJAE(ジャパン・アクション・エンターテイメント)と並ぶアクション俳優の宝庫、㈱レッド・エンタテインメント・デリヴァーの代表取締役社長。キャリアは長い。何せ大野剣友会出身で、最初の出演が「仮面ライダー」(1作目!)の戦闘員役だ。アマゾンなどで主役スーツアクターを務めた後、20代前半の若さで一度引退してしまうのだが、乞われて現役復帰。「バトルフィーバーJ」から「鳥人戦隊ジェットマン」まで、歴代13人のレッドを任されることになる。本当に引退し後も、「恐竜戦隊ジュウレンジャー」から「獣拳戦隊ゲキレンジャー」の間、10戦隊のアクション監督などを務めている。

 その新堀和男が本人役で登場。アキバブルー相手に殺陣をつけるという豪華さ。しかも戦隊殺陣の極意を訊かれた新堀和男、「まず名乗りが大事」と切り出し、最後は「カメラを意識しろ」と本気モード。

 しかし……いくら公認まさ恒例の撮影所話とは云っても、SPD(佐々木ポンポコデリバリー)に「東映撮影所気付・白倉伸一郎さま」宛の配達依頼が飛び込んできたのを、レッドが横取りして云々という展開は、いささか強引すぎやしないか。いいのか。だからこそなのか。

 この話は脚本・荒川稔久、演出・田崎竜太のコンビに戻った。何でも公式サイトによると、脚本組の荒川稔久、香村純子、演出組の田崎竜太、鈴村展弘は、常に毎回4人そろって打ち合わせするんだとか。こういうのは公認さまにはありえないよなあ。邪団法人ステマ乙の係長は、「下北沢ホヤ」。もう動物縛りとも云えなくなってきたし、声やってるのが「グレーゾーン」だし。戦隊カフェ「ひみつきち」のバイト三田こずこずのコスプレは二度目の西堀さくら(轟轟戦隊ボウケンジャー)。このへんもパターン崩れてきた。アキバレッドの名乗りあげは……あれ? 何だっけ? ブルーの名乗りがあまりにも素晴らしすぎて忘れた。そういえばレッドファルコンの「大それた力」って何て名前?

 しかし、今回のすばらしさはそんなとこにはない。妄想の産物にすぎないはずの邪団法人ステマ乙・再開発部長マルシーナが、何と現実世界に出現! 演ってるのが穂花なんで、AV女優が自宅にやってきた並みな衝撃(そういう企画のAVあったよな)。しかも手を上げて飛んで帰るのかと思いきや、タクシーとめて向かった先は亀有!

 うーむむむー。だんだん公認なんかどうでもよくなってきた。次回、ハカセ博士の回を刮目して待て!

|

« ちょっとズルします | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ Mission12「変装はお好き?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162541/54697688

この記事へのトラックバック一覧です: 非公認戦隊アキバレンジャー 第6話「はばたけ大御所!妄想撮影所の痛い罠」:

« ちょっとズルします | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ Mission12「変装はお好き?」 »