2012/07/30

十三人の刺客

 7月2日、CSを録画して鑑賞。三池崇史の監督作で初めて感心させられたんじゃないかなあ。工藤栄一監督による同名作(1963年)のリメイク。とはいえオレはオリジナルを観ていない。

 話は、さして新鮮味があるわけではない。時に弘化元年(1844年)。時の将軍の異母弟にあたる明石藩主、松平斉韶の振る舞いは暴虐かつ無法なもので、そのため明石藩江戸家老、間宮図書の切腹、憤死までをもたらした。しかし斉韶には「お咎めなし」。この悪逆非道な斉韶の老中内定を知った大炊頭、土井利位は、やむなく暗殺を決意。その任を御目付役、島田新左衛門に託す。意を受けた新左衛門は自らを含めた13人の刺客を揃え、参勤交代(帰国)途中の中山道・落合宿で、斉韶を討つこととした。

 物語の後半、約1時間ほどは、この13人の刺客による斉韶ら一行への襲撃に始まる殺戮シーンだけで構成されている。にもかかわらず目が離せない。素晴らしいの一言。もともとオリジナルも集団抗争時代劇のはしりのような作品だそうだが、13人対53騎を本作では13人対300人にボリュームアップして臨んだ。山形県鶴岡市の庄内映画村に東京ドーム200個分の宿場町をオープンセットで再現。「動くバリケード」やら「火のついた豚」なんかは思い切りCGだが、肉弾戦のほうはCGを排除した殺陣ばかりになっているのが嬉しい。

 13人の刺客のうち、主役・新左衛門である役所広司の安定感は当然だし、松方弘樹の殺陣のうまさも当たり前、伊原剛志が強そうに見えるのも分かる。意外なほど殺陣がうまく見えた(しかも当初は槍)のが古田新太と六角精児。沢村一樹と波岡一喜もまぁ合格点といったところ。難しい役どころを無難にこなしていたのが伊勢谷友介。石垣佑磨、近藤公園、高岡蒼甫、窪田正孝あたりはどうでもいいとして、許せないのが山田孝之。雰囲気ぶちこわしなほど下手くそ。それと斉韶を演じた稲垣吾郎がびっくりするほど下手くそ。意外性が欠片も感じられない。せっかく市村正親、平幹二朗、松本幸四郎、岸部一徳といったベテランがまわりで熱演してるんだから、もうちょっと何とかならんかったか。それと、これは役にめぐまれたと云うべきだが、茂手木桜子が素晴らしい。

 脚本は今村昌平の長男、天願大介。遠藤浩二の音楽が素晴らしい。話の邪魔をせず、しかし印象に残る旋律。映画音楽の見本のような音楽だ。ことにあのバイオリンの多重奏によるメインの曲は秀逸。

 オリジナルのスタッフが、脚本・池上金男、音楽・伊福部昭、出演・片岡千恵蔵、里見浩太朗、嵐寛寿郎と聞くと、観たくなっちゃうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/29

ダークナイト

 地上波TVにて鑑賞。「バットマン・ビギンズ」に次ぐ新生バットマンのシリーズ2作目。ひどく評判がいいので、以前から観たかったんだが、なかなかCSではやってくんなかった。なんでこれ、評判いいの? さほど感心しなかったなー。

 監督・脚本は前作と同じクリストファー・ノーラン。脚本は弟ジョナサン・ノーランとの共同執筆。毎度お馴染みジョーカーが登場し、悪の限りを尽くすのだが、なかなか卑怯な手ばかり使う。語られるのは「正義と悪の本質とは何か」だ。分からんでもないんだが、正義なんて言葉にした途端、陳腐になってしまう。だからこういうのは軽く考えたほうがいいし、話さないほうがストイックにもなることができる。クリストファー・ノーランはもうちょっと日本の特撮なんかを観て研究すべきだな。アメリカの莫迦なおたっきーどもはその程度のレベルの低い話で満足するのかもしれないが、その程度のことに子ども時代から馴らされてきた日本の目の肥えた層には物足りなく思えて当たり前だ。

 本作をもって急逝したヒーズ・レジャーが高く評価されてるそうだが、そこも頷けない。大した演技してるようには見えん。何でも「ヒート」を参考にしたプロットだそうだが、クリスチャン・ベールとヒース・レジャーごときをアル・パチーノとロバート・デ・ニーロに重ねあわせちゃ失礼ってもんだろ。ゲイリー・オールドマンがいい人役ってのも納得いかん。

 なんかこう、いろんな意味で惜しいんだよな。続編「ダークナイト・ライジング」がそろそろあちらで公開されるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/28

はやぶさ/HAYABUSA

 6月24日、録画しておいたCS放送を鑑賞。

 悪フザケが過ぎる堤幸彦の監督作品にしては、大したものだ。しかし本作の場合、演出よりも脚本(白崎博史、井上潔)を褒めるべきなのだろう。よくもまぁ、これほど地味な題材を飽きさせずに見せることができたこと!

 日本の小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトを描いた映画は、本作のほか「はやぶさ 遥かなる帰還」、「おかえり、はやぶさ」の3作が順次公開されており、本作はその初陣を飾った作品にあたる。登場人物は全て実在の人物をモデルにしてはいるものの、名前から何から全て完全なフィクションにしてある。まぁ、そうでもしないとこれだけ地味な題材を昇華させることは難しかったろう。なかでも主役の水沢恵(竹内結子)なる人物は、複数の関係者をモデルに合体させた全くのオリジナルキャラクター。宇宙科学研究所対外協力室長の的川泰宣教授が「的場泰弘」(西田敏行)、「はやぶさ」プロジェクトマネージャーの川口淳一郎氏が「川渕幸一」(佐野史郎)など、名前からして微妙に異なる。またプロジェクトに携わった方々だけでなく、ニュース報道などから元気づけられる市井の市民という存在を周りに配置する「電車男」的手法によって、エンターテイメント性を補完している。

 実際のプロジェクトの細部までをオレは知らないが、「嘘でもいいから」というなら、本作はかなりクォリティが高い。別に劇場で観る気は最初からさらさらなかったが、こうなってくるとCSでやるのを待って、他の2作と見比べてみるのも一興か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/27

ハート・ロッカー

 6月22日、録画しておいたCS放送を鑑賞。オスカー受賞作だが劇場ではないのでいいのだ。オレの不文律に反しているわけではない。

 原題は「The Hurt Locker」。「Heart」でも「Rocker」でもない。お間違いなく。米軍の隠語で「苦痛の極限地帯」や「棺桶」を意味するそうな。

 舞台は2004年のイラクはバグダッド郊外。合衆国陸軍の爆発物処理班の物語。主役の「命知らずの処理班長」ジェームズ軍曹(ジェレミー・レナー)は、しかし物語半ばからの登場。冒頭、爆死してしまうトンプソン軍曹(ガイ・ピアース)の後任として赴任してくる。同じ班のメンバーにサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)とエルドリッジ特技兵(ブライアン・ジェラティ)。

 物語は、ある意味で「淡々と」処理班の仕事を追っているだけだ。だが、そこがいい。最後のほうは別にして、これといってモノローグがあるわけでもないが、まさしく登場人物たちの「日常的な」行動が雄弁に物語る。
 全米イラク・アフガニスタン帰還兵協会のポール・リークホフ会長は、「戦争を分かりやすく伝えようとしているが、経験者の私たちはあまりの不正確さにうんざりしてしまう。調査不足というだけでなく、端的に言えば米軍への敬意に欠けている」と述べたそうだ。アホか。米軍が経緯を払うべき対象だと? 少なくともエンターテイメントの意味が分かっていない。そこまで巧妙に嘘をついているなら、むしろ立派ではないか。ただその…。劇中にXbox360のゲームソフト「Gears of War」が登場するのだが、設定上の2004年当時、そんなソフトは存在しないし、そもそもXbox360自体が発売されていない。制作者サイドがあえて皮肉でそうしあのか、それともあまりに無頓着だったのか。

 こういう映像を女性(キャスリン・ビグロー)が監督したってのも凄い(女性監督のオスカー受賞は初)。脚本はマーク・ボール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/26

インセプション

 6月20日、録画しておいた地上波放送を鑑賞。故に吹替版。

 いや、素晴らしい。正直云って事前にかなり莫迦にしていたのだが、こんな完成度の高い作品だとは知らなかった。新バットマンシリーズのクリストファー・ノーラン脚本・監督。本人は10年以上前から構想があったそうで、ワーナーが脚本を買ったのが2009年のこと。原題はまんま「Inception」。

 人の夢(潜在意識)に入り込むことで「アイデアを盗む」企業スパイ、ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)が主人公。まず、この設定が何とも素晴らしい。ディック的というかギブスン的というか。はたまた神林長平か伊藤計劃か。映画で云えば「マトリックス」なんだろうが、あんなオモチャより遙かに説明が上手。
 この「アイデアを盗む」行為をエクストラセプション(Extraception)だとすれば、「アイデアを植え付ける」(思い込ませる)のがインセプション。
 コブは、大企業のトップであるサイトー(渡辺謙)から、まさしくこのインセプションを依頼される。ライバル会社の解体を、現社長の息子にやらせるよう、知らないうちに植え付けるわけだ。ある種の洗脳と考えていい。
 難しい依頼なのだが、コブにも弱みがあって、妻の殺害容疑を抹消することを条件に、引き受ける。インセプションを実現させるためコブが集めたのが、その道の専門家たち。古くからコブの相棒だったアーサー(ジョゼフ・ゴードン・レヴィット)、夢の世界を構築する「設計士」アリアドネ(エレン・ペイジ)、夢の世界のなかで他人になりすます「偽装師」イームス(トム・ハーディ)、夢の世界へと誘う鎮静剤を作る「調合師」ユースフ(ディリープ・ラオ)。
 もちろん、スンナリ成功するわけがなく、様々な障害が待ち受ける。ここに大きく絡んでくるのが、コブ自身の過去、すなわち妻の殺害容疑だ。

 かなり複雑な話だし設定・世界観がそもそも複雑。これを淀みなく、つまりストーリーの流れを阻害することなく説明し、なおかつプロットに破綻をきたさない手法は素晴らしい。ラストは「他に考えられない選択肢」で終わるのだが、いや、それで正しい。まさしく他に選択肢はないのだ。その意味で良い帰結である。

 正直なところ、コブの過去の話を絡ませたのはどうか。本来のエクストラセプションをもっとじっくり見せてほしかったという思いはあるのだが、まぁそれじゃ成立しまい。

 ディカプリオと渡辺謙を除くと、ほとんど知ってる役者が登場しないが、チョイ役で結構大所が登場する。トム・ベレンジャー、ルーカス・ハース、マイケル・ケイン。ルーカス・ハースは「刑事ジョン・ブック 目撃者」に登場した子役である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/25

メン・イン・ブラック3

 6月16日、TOHO日劇(マリオン)にて鑑賞。監督は前2作と同じバリー・ゾネンフィルド。イータン・コーエンの脚本をデビッド・コ-プ(ジュラシック・パーク、ミッション:インポッシブル、スパイダーマン、宇宙戦争、インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国)が書き直し、さらにジェフ・ナサンソンが加筆した。

 何よりプロットが素晴らしい。最初のほうで提示される様々な伏線を、綺麗に収斂させた。こういうのは、あんまストーリー語ってもしょうがないんだけど、そのストーリーがいいのだ。

 1作目(1997年)から15年、ウィル・スミスもそうだが、トミー・リー・ジョーンズなんてもうヨボヨボもいいとこで、故に過去にタイムスリップ、じゃなかった、タイムジャンプする話にしたのは正解だろう。エージェントK役はほとんど若かりし頃(ジョシュ・ブローリン)が出ずっぱりだった。それから司令官っぽいエージェントZが死んだことになってて、代わりに登場する司令官っぽいのにエージェントO(オー)。演じるはエマ・トンプソン。なんか文芸作ばっか出てる大物(『ハワーズ・エンド』でオスカー主演女優賞受賞)で、こんなフザケた映画に出る人だとは思ってなかったのだが、もう50代なんだね~。しみぢみ。

 このシリーズ、カメオ出演というか、例えば1作目だとプレスリーやスタローン、デニス・ロッドマン、2作目だとマイケル・ジャクソンなんかが「実は宇宙人だった」と「判明」するところが、ある種の売りなのだが、本作ではレディーガガ!

 って云ってもね、オレ2作目ってほとんど記憶にないのよ。毎回脚本が違うもんだからさ(つまりトーンも違う)、本作もそうなっちゃうのかねえ? それとも単にオレが老けて記憶力が鈍ってるだけかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/24

太陽を盗んだ男

 6月16日、CSを録画して鑑賞。断片的には観たことあったんだけど、ちゃんと観たのは初めて。いやこれ、観たかったのよ。

 長谷川和彦が監督、レナード・シュナイダーが原作。この2人が共同で脚本を書き上げた。1979年というから今から30年以上前のシャシンながら、非常にパワフルかつ意欲的な映像だ。

 中学理科教師が原発からプルトニウムを盗み出し、政府を脅迫するという、今なら手垢がついたような内容ではあるが、当時としては真正面から取り組んだ点が高評価に値しよう。何せ、東海村原発の名称がまんま出てくるわ、皇居や議事堂前でゲリラ撮影するわ、今だったら即、お縄になった内容だ。

 こういう作品の場合、今から考えたら「凄いキャスティング」なのも定番。沢田研二、菅原文太、池上季実子、北村和夫、神山繁、佐藤慶あたりまでは、まぁ分かるとして、軽いノリのラジオ(!)のプロデューサー役で風間杜夫が出てきたり、冒頭のほうで拳銃を盗まれる警官役で水谷豊、サラ金の窓口係で小松方正、同じくサラ金の取り立て屋で西田敏行と、今では考えられない贅沢なキャスティングだ。後から気づいたのだが、主役・沢田研二が務める中学校の生徒役で、戸川京子が出ている。

 最後のほうで、あの当時のシャシンの悪い癖で(ATGなんかね)、ウヤムヤなまんま終わってしまうのが難点ではあるが、何よりも最初のシーンで度肝を抜かれる。
 修学旅行のバスをジャックした犯人(伊藤雄之助)が皇居へ向かえと指示してこう云うのだ。「陛下に……お話したいことがあるのだ……」。もう、このシーンだけは以前から頭の中にこびりついて離れなかったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/23

U-571

 世に云う格言に曰く、潜水艦ものにハズレなし。レズものにハズレなし(本当か?)。

 多少の例外はあるものの、確かに潜水艦映画には名作が多い。古くは「海底二万里」や「眼下の敵」、「原子力潜水艦浮上せず」、「Uボート」、最近になってからも「レッド・オクトーバーを追え!」、「クリムゾン・タイド」、「K-19」なんかがあった。邦画だって負けてはいない。古くは「海底軍艦」、「潜水艦イ-57降伏せず」があったし、近年でも「ローレライ」という傑作を生んでいる。まぁ「出口のない海」とか「真夏のオリオン」といった例外はあるが。

 これらに共通するのは、ハリウッドの近作などは異なるが、ほぼ第二次大戦下の潜水艦戦を扱っている点だ。しかも何らかの形でUボートがかかわる。本作も同様である。

 1942年、ドイツのUボート、U-571が、イギリスの駆逐艦に攻撃され漂流、ベルリンに向け救難信号を発信する。傍受したアメリカ海軍、救助に向かうUボートに偽装したS-33で、エニグマ(ドイツの暗号機)奪取作戦を仕掛ける。作戦はほぼ成功しかけるのだが、その最中、本物のUボートが現れ、S-33は撃沈されてしまう。こうして、U-571に取り残されたアメリカ海軍の軍人たち、という奇妙な状況が現出する。果たして「合衆国海軍U-571」は生き延びることができるか。

 U-571もS-33も実在した潜水艦だが、もちろんこんな物語とは無縁だ。ただ、損傷して浮上してきたUボートからエニグマを奪取した史実(U-110)はあるし、Uボート内に強硬潜入した史実(U-559)もある。このあたりを一緒くたにしんだろうな。

 監督はジョナサン・モストウ。サム・モンゴメリー、デヴィット・エアーとの共同脚本。主演はマシュー・マコノヒー、ビル・パクストン、ハーヴェイ・カイテル。端役ながら「ボン・ジョヴィ」のリードヴォーカル、ジョン・ボン・ジョヴィが登場する。

 傑作ではない。佳作と云っていいが、ごく普通に楽しめる。レベルで云うと「クリムゾン・タイド」くらいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/22

宇宙兄弟

 5月24日、日劇TOHO(マリオン)にて鑑賞。未読だが原作はコミックだそうだ。もちろん人気があるから映画化したのだろうし、話として決してつまらんわけではない。水準以上だと思う。でもこう……なんつーか、せっかく嘘つくなら、もっとデッカい嘘ついてほしいっつーか。スペースシャトル計画が終わっちゃったことを盛り込んであるんなら、何もNASAに固執しなくていじゃん。いっそ種子島からH2打ち上げて月に行く話にしたら? どうにも始終首をひねるような話になってた気がする。

 バズ・オルドリンが本人役ででてたのは嬉しかったなあ。おれ、どっちかっつーとアームストロングよりこの人のほうが人間的に好きだなあ。まぁジョン・グレンのが好きだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/18

2012年7~9月期の地上波ドラマ

 まだ全部出そろってないんだが、出そろうの待ってたら8月に入っちゃいそうなんで、途中経過ながら今のうちにアップしとく。

 まず脱落組。

 最初から観るつもり全くなかったのが「ビューティフルレイン」と「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。芦田愛菜とトヨエツでお涙頂戴ってのがいかにも計算で嫌だったのと、どんだけ面白いマンガ原作でもジャニーズ系じゃちょっとってのが理由。「ビューティフルレイン」のほうは、2話だかをたまたま観たらしいうちの奥さんが「以降全部録画して!」と云い出した。オレは観る気ない。

 1話目で脱落したのが、「VISION 殺しが見える女」、「主に泣いてます」、「サマーレスキュー~天空の診療所~」、「メグたんって魔法つかえるの?」、「ビギナーズ!」、「息もできない夏」、「走馬灯株式会社」。特に「息もできない夏」は期待してたんだが、あまりにも展開がヌルすぎて…。「ビギナーズ!」も同じ理由かな。「メグたんって魔法つかえるの?」はコジハル主演、福田雄一脚本と聞いて期待したんだが、ただのバラエティみたいなんで。「主に泣いてます」は笑わせどこが分かってない。「VISION 殺しが見える女」は単純に面白くない。「サマーレスキュー~天空の診療所~」は要するにあれだろ? Dr.コトーの山版だろ?

 2話目で脱落したのが「浪花少年探偵団」。1話目がソコソコだったんだけど、2話目で手を抜いた感ありあり。そもそも子ども使ってどうこうっていうのが飛び道具っぽくて嫌だ。同じく2話目で脱落したのが「リッチマン、プアウーマン」。1話の展開がイマイチだったんだけど、2話に向けてのヒキがなかなか秀逸だったんで一旦は生き残ったものの、2話目も放ったらかしなんで脱落。石原さとみはかわいいんだがなあ。

 こっから生き残り組。

 2話まで生き残ってるのが「トッカン 特別国税徴収官」、「東野圭吾ミステリーズ」、「ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日~」。このうち「東野圭吾ミステリーズ」は厳密に云うと連ドラじゃないので、結局は観続けることにならざるをえない気がする。今んとこ1話・2話ともあんま面白くない。「世にも奇妙な」とどう違うんだ? 残り2つはかろうじて2話まで生き残ったけど、引き続き要警戒だなあ。

 総じて今期は小粒。ひょっとすると「東野圭吾ミステリーズ」以外は最終回まで観なくなる可能性も。

 最後に、これから観る(まだ第1話も始まってない)のが、「黒の女教師」、「ドラゴン青年団」。いずれも1話目で脱落しそうな可能性大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧